『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

50話 ねじまがった誤解。


 50話 ねじまがった誤解。

 ――カティは思う。

(おそらく、ジャミは、自分が『超次』に辿り着いた経験を、私達にも理解しやすいストーリーにして伝えようとしているんだろう)

 誤解と呼ぶには、あまりにも『筋が通りすぎている思考ライン(カティの中では)』に支配されるカティ。

(きっと、ジャミは、『自らの悟り』・『天啓』を、私達にも、どうにか伝えようと、『神という概念』を用いてイメージ化・具体化させようとしている……けど、脚色に熱が入り過ぎていて、逆に入ってこない……)

 カティは、ジャミが語る『神話』を、『武が開花した事』の『たとえ話』だと理解した。

 ジャミは、仮面武道会で、『たまたま』、『超次のステージ』に辿り着いた。
 圧倒的な才覚を持つジャミが、たまたま辿り着いた高次世界。
 その道程を、ジャミは、他の九華の面々にも伝えようと、『物語』を創った。
 ――これが、カティの思考ライン。

(普通に、新しい世界に辿り着いたって言ってくれた方が、素直にすごいと思えるのに、無理に『さすが神様』を追加してくるから、なんだか、ワケわかんなくなっちゃうんだよなぁ……それじゃあ、むしろ、イメージしにくいって……)

 カティだけでなく、『まだ神に触れていない』という意味で彼女と同じ九華の第七席『ディマイズ・マリス』も、似たような結論を抱いていた。

(……神様ねぇ……いるなら、会ってみたいと思わなくもないが……まあ、いないだろうなぁ)

 今回の件で、カティとマリスの疑念は、さらに深まった。
 あまりにも、ジャミが、神を『美化しすぎる(ほぼ事実を語ったが、ちょこっと盛った部分がなくもない)』ので、カティもマリスも、『いや、そんなモンいるわけねぇ。話、つくり過ぎ』という常識をベースとした結論に着地してしまった。


 カティとマリス以外の、『神に触れた事がある者達』は、
 一応、『本当にあった事なのだろう』と理解しているが、
 『かなり脚色されているのだろう』という解釈に関しては同じだった。


 九華の第三席サトロワスは思う。

(主は、おそらく、本当に、ジャミを開く手助けをしてくださったのだろう……ジャミがあまりに美化しすぎるから、具体的に、主がジャミに何をしたのか、いまいちよく分からないけれど、まあ、すでに開きかけていたジャミの蕾に、『主の影』か何かが、キッカケをおあたえになったのだろうねぇ……)

 神種を開く方法など知らないので、何をしたのか、キチンと理解できる者はいない。
 かつ、ジャミが、感情の赴くままに、『事実』を語るので、誰も、そのままは信用しなかった。

 神の伝説は、いつだって、『真実』を語ろうとすればするほど歪んでかすむ。

 その疑念は、いつしか、いびつにい変形していき、
 ちょっとした時間経過を経て、ついには、
 サトロワス、アルキントゥ、テリーヌという、神に触れた経験のある者たちまで、


(((((そもそも、神など、やはり存在しないのでは?)))))


 という懐疑に辿り着く。


 サトロワス。アルキントゥ。テリーヌが辿り着いた解答は、次のようになる。



(((ジャミが辿り着いた領域は、『壁』を超えた先……『壁の超え方』を知っているのは、今のところ、私が知る限りでは、三至のみ。おそらく、三至は、極限を超えた先で、壁の超え方を理解した)))



 彼らの中で、最も高みにあるのは三至天帝。
 絶対的な力を持ち、合理を遵守する、理想の支配者。

 『神帝陛下という概念』の『最も有力だった説』は、三至天帝を合わせた別称。

(((三至の方々は、それを実行なさったのでは? 神帝陛下という偶像を具現化させようと、壁を超えた力を結集させ、高次元のオーラドールを創造した)))


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く