『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

37話 『ウルトラバイオレット006』と『インディゴ005』と『バイオレット001』


 37話 『ウルトラバイオレット006』と『インディゴ005』と『バイオレット001』

 IR3は、全力で抗った。
 それまでの人生で磨いてきた全てを賭した。
 なにもかも、あますことなく、すべてをぶつけた。

 ――しかし、

「勝てるわけねぇだろ。俺はセンエースだぜ? お前みたいなザコが、何千年、何万年、何億年、何兆年……たとえ、無限の努力を積み重ねようと、お前ごときじゃ、センエースには勝てない。なぜなら、センエースは最強だから。それが世界の真理だから」

「……くっ……ぅ……」

 地に伏しているIR3。
 飛ばされた肢体は、回復魔法でどうにか対処したが、その後も、何度か肢体を飛ばれて、そのつど、回復していたが、ついには魔力が枯渇してしまい、今では、右腕と左足がなくなっている。


「足と腕は戻してやるよ。そのままにしていたら、魔力が完全に切れた時、出血多量で死ぬからなぁ」

 言いながら、P型センエースは、IR3の体を元に戻す。
 ただ、体躯を整えただけなので、体力等は回復していない。


「貴様の施しなど……」


「施し? バカか。慈悲で治したんじゃねぇ。最初に言っただろ。俺はゼノリカを壊滅させるって」

「……」

「皆殺しにする事だけ壊滅させたってことじゃねぇ。お前らは、俺に全部を奪われる。ゼノリカという組織は死に、俺のためだけの養分になる」

「よう……ぶん……」

 と、そこで、P型センエースは、



「……っ……感知されたな……迅速な対応。本当に優秀だぜ。……えーっと、『ウルトラバイオレット006』と……『インディゴ005』と……『バイオレット001』か……なかなかのメンツじゃねぇか。バ火力一騎とサポート二匹……しっかりとした殺意満点。……それでいい……」



 感知した熱反応に対する脳内解析を行いつつ、
 IR3に右手の掌を向けて、


「次のお客さんの相手はしないといけないんでなぁ……もう、お前と遊んでいる余裕はない。というわけで、お前は隅で寝てろ。――心殺呪縛ランク20」


 かなり高位の呪縛を使われて、IR3は動けなくなった。
 抵抗を試みるが、ビクともしない。
 ――そして、そのまま、

「ここからのお前は、ただの観客だ。何も出来ない人形となって、ひたすらに、絶望だけを数えていればいい。閉鎖空間ランク20」

 P型センエース1号は、『外からの攻撃を遮断する空間』をつくり、
 動けなくなったIR3の肉体を、その中へと放り込む。


 ――と、ちょうど、その直後、
 数十秒前に、IR3からの応援要請を受けた百済のメンツが三名、かけつけて、

「おいおい、マジでIR3、拘束されてんじゃねぇか」
「しかも、相手は無傷……」
「自動蘇生スキルか……厄介ね」

「IR3が既に複数回殺している。もう何度か殺せば飛ばせるだろう」
「このこと、一応、上へ報告しておきたい……」
「必要あるかしら? この程度のことで。サクっと殺しておしまいでしょう」

「IR3がやられた。そして、あの敵は、ゼノリカに対して明確な敵意を示しているという。充分に報告案件だ」
「同意」
「……まあ、そうね。ただ、提案してきたのは、あんたらなんだから、『この程度の事でいちいち報告してくるな』って怒られた時の責任は、あんたらに請け負ってもらうわよ」

「ふざけんな」
「腹黒」
「なんとでも言いなさい」


 のんびりと会話をしつつ、オーラを練り上げながら近づいてくる3人。

 百済は、『完全な実力主義』かつ『仲間意識が希薄(仕事がら、あえてそうしている)』なので、『同僚がやられた』としても、そのことについて憤怒を覚えるという事はない。

 あくまでも同僚。
 友人ではない。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    祝百万部 勿論です!!最後まで読ませていただきます。真ん中の文章で大体の構図は出てきますが、やはり底が見えないというか祝百万部さんならそれすらも覆してくれるんじゃないかと期待させてくれるところが、数ある小説の中であなたの作品を一番に愛せる由縁だと思います(笑)

    4
  • 祝百万部

    キャベツ太郎様、素晴らしい読解力ですね!
    めちゃくちゃ、ちゃんと読んでくださっているというのが一瞬で理解できる、的確なコメント、すごくうれしかったです!
    削除しろ、なんて当然いいません!

    ただ、一つ言うのなら、すべてがセンエースにとって都合よく進むかというと、どうだろうなぁ、みたいな感じですw
    ここから少し言いすぎますが……たとえば、悟飯と合体したがっていたのに、ブウにとられてしまった悟空のように、歯噛みする……みたいなことも、もしかしたら、あるかもしれませんw
    私という作者はとても性根が腐っているので、最後の最後まで、どうなるかはわかりませんよぉ!

    もしかしたら、センエース敗北の超バッドエンドでおわるかも!


    センエースの物語は、まだまだかなり続きます!
    最後の最後まで、楽しんでもらえたらいいなぁw

    1
コメントを書く