『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

28話 三時間、そこに、たってなさい。


 28話 三時間、そこに、たってなさい。

「――ここで死ななければ来年受かる可能性はある。ここで死ぬより、来年にかけるほうが間違いなく合理的じゃ」

 と、メービーが最後の確認をするが、その6名はまっすぐな目でメービーを睨みつけていた。

 冒険者試験を受ける理由は人それぞれ。
 この6名には、おそらく、どうしても引けない理由があるのだろう。

 ただ、どんな理由があろうと、彼らが、今、メービーの前に立っているのは個々の意思。
 メービーは、きちんと説明義務を果たしている。
 騙したわけでも、引きずり込んだワケでもない。
 つまり、どうなろうと自己責任。

「いいじゃろう。ぬしらを試してやる。試験内容は忍耐力チェック。3時間、その場に立っていられたら合格じゃ」

「立っているだけ?」

 受験生の一人がそう尋ねた。

「そうじゃ。何があっても、そこに立っていなさい」

「「「……」」」

 『何があっても』という表現から、六名は一瞬で察した。
 何かをされる。
 その上で、立っていろ――そういう試験。


「それでは、敗者復活を開始する」


 そう言い終わると同時、
 メービーの全身から、
 『凄まじい殺気』が放たれた。

 ビリビリと脳の奥が揺れて、
 生存本能が燃え上がる、
 そんな重厚な殺気。

「ひっ……」

 はやくも、一人が脱落した。
 ションベンを垂れ流しながらショック死してしまったのだ。
 続いて、二人目、三人目とショック死していく。

 次元の違う、圧倒的な威圧感。
 凡夫では、耐えられる訳がない、圧倒的な覇気。
 ――だから、



「はっ……三時間どころか、1分も持たなかったのう」



 結果、6人全員が、50秒ほどで死んでしまった。
 なんとも、あっけないものだった。


 ――その結果を見たセンは、

(……いいオーラだ。真摯に積み重ねてきたのが分かる丁寧な覇気。とはいえ、まだまだ雑味の多い発展途上。いかんせん、練武がまったく足りていない。深みがない。まあ……まだ、若いから仕方ないね。真に磨かれていくのは、これから、これから)

 と、510歳を超えている老人を捕まえてそんな事を言うセン。


 ちなみに、実は、
 メービーは、フーマーの『第一使徒』であり、ピースメイカーの裏番でもある。


 超越者を多く抱えているフーマーでも圧倒的な実力者であり、従属神への昇格候補ダントツ筆頭。
 その実力は圧倒的で、ホルスド・シャドーよりも上。

 第一使徒メービーは、200年ほど前から表舞台からは引退し、
 フーマー東方の霊山にこもって、延々と修行をしている求道者。
 同じ使徒の中でも、メービーの顔を知っている者はほとんどいない。

 現世の頂点、圧倒的な超越者メービーだが、従属神から命じられれば、当然、しっぽを振って働かざるをえない。

(上の命令とはいえ……なぜ、この私が、冒険者試験の試験官など……まったく……)

 理由は聞かされている。
 レイモンドやゼノリカという謎の組織に、世界が侵略されかけている。
 このピンチを、人類総出で乗り越えなくてはいけない。
 その第一手が、今回の冒険者試験。


 メービーは思う。

 ――『確かに、今の世の中は、面倒な問題を抱えているっぽいが、しかし、自分が出るほどの事ではないだろう』と。

(話を聞く限り、確かに、ゼノリカのウルトラなんとかは、そこそこ強いんじゃろう。セレーナたちは強い。あのモナルッポというガキも、決して弱くはない。あいつらが倒せなかった相手……確かに脅威。しかし、所詮、逃げるくらいは出来る相手。ピースメイカー全員で挑めばどうにかなるじゃろう)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く