『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

26話 不満の大合唱。


 26話 不満の大合唱。


 ――『2の紙を持っている不合格者』たちは、
 いくら騒いでも騒ぎ足りないといった感じで、


「ふざけるなぁ!」
「ナメんじゃねぇぞ!」
「殺してやろうか、このクソジジイ!」
「どうなってもしらねぇぞ!」
「冒険者試験を受けるのに、いくら払ったと思っている!」
「こっちは、予選のダンジョンで希少なアイテムを使わされているんだぞ!」
「一次不合格なんて結果じゃ帰れねぇんだよ!」


 と喚いている。
 大合唱になる不満の声。

 そんな喧騒の奥で、
 センは、のんびりと趨勢(すうせい)を見守っていた。

(こういう事態になる事は予測できたはず……さて、冒険者試験を仕切っている委員会は、ここから、どう動くつもりかな……)

 ――『流石に、このまま終わりではないだろう』と予測をたてて、高みの見物を決め込んでいるセン。
 と、そこで、センが持っている紙を覗きこんできたシューリが、

「おやおや……お兄、不合格じゃないでちゅか」
「……っぽいなぁ」

 その会話を聞いたアダムが、真剣な表情で、

「主上様、私の紙と交換いたしましょう。冒険者試験如きで主上様が落ちるなど、あってはなりません」
「それは無理っぽいぞ。解析してみたんだが、どうやら、誰が受かって誰が落ちたか、ちゃんとデータが残っているっぽい。この紙は、リトマス試験紙の役割と結果報告、それにプラスして、データ転送と処理の能力もある。なかなか質の高いアイテムだ」
「あ、そうなんでちゅか? てっきり、ここから、1と書かれた紙を奪い合うのかと思っていまちた」

「俺もそうだろうと思っていたんだが……どうやら違うっぽいな」


 センたちが話している間、止まることなく、ずっと、ブーイングは続いていた。

「ちゃんと説明しろ!」
「合否の基準はなんだ!」
「なぜ、俺に2が配られて、こいつらが1なんだ!」

 落ちた受験生たちの不満を聞いたメービーは言う。

「説明されなければ分からない時点で失格なんじゃが……まあ、一応、教えておいてやろう」

 黙って文句を聞いていたメービーが、ボソっとそう言うと、
 場は一斉に、シンと静まり返った。
 ここに集まっているのは、全員、一応は、予選を通っている者。
 状況が見えず、ただいつまでも喚き続けるようなバカは少ない(まだ一次なので、そういうバカが一人もいないワケじゃないが、レアなバカどもも、さすがにここでは黙る)。

 メービーは、ためることもなく、
 サラっと、


「一次試験の内容は『運』じゃ」


 そう言い切った。

 全員の頭に、『うん……?』という疑問符が浮かぶ。


「今回の受験生は306人。1と書かれた『合格できる紙』の枚数は、受験生数の約半分、150枚。運も実力のうちとよく言うじゃろう? 二分の一を外すような不運野郎は実力不足と判断させてもらう。冒険者試験は、実力者を見極める試験。実力が足りていない者に用はない。というわけで、無能は、とっとと、おうちに帰りなさい」

 非常に丁寧な説明を受けて、メービーの言いたい事を、100%理解した受験生たち。

 ――あなたは、『運』が悪かった。
 ――運が悪いと言う事は、実力がないという事です。
 ――だから、不合格です。
 ――残念!

 そんなイカれた事を言われて黙っている者などいる訳がなく、
 『2と書かれた紙を持っている不合格者』の大半が、先ほどよりも更に沸騰した。
 真っ赤になって叫ぶ不合格者たち。

「なに、アホなこと言ってんだ、てめぇ!」
「運も実力のうち?! そりゃそうかもしれんが、しかし、運がないから実力がないってことにはならねぇだろぉ!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く