『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

19話 元帥としての仕事。


 19話 元帥としての仕事。


 そこで、この場にいる全員の目がラムドにそそがれた。
 ラムドの答えを待って、一瞬、場が、シンと静かになる。


 熱を持った静寂の中、ラムドは、二秒ほど溜めてから、

「ぅん、まず……」



 ドンッッ!!



 っと、机に拳を叩きつけ、

「てめぇら、ダレにどんな口の利き方をしていやがる」

 極限まで高圧的な態度で、

「お前らは軍人で、俺は元帥! この俺、ラムド・セノワールは、陛下以外の全員の上官。その俺に、タメ口きいてんじゃねぇ。次、俺を呼び捨てにしたら、腕を切り飛ばすからなぁあ! 覚悟しておけぇ! このクソバカどもがぁああ!」

 その怒声に対し、最初に口を開いたのはワイルだった。
 歴戦の戦士であるワイルは、ゴートの一喝にビビったりはしない。

「おいおい、ラムドよぉ。今までは、そんなくだらねぇこと一度も言った事ねぇじゃねぇか。どうしちまったんだ? あん?」

「今までは、『召喚バカ』という『キャラ』でやっていたからな。立場上、『逆』に言えなかっただけだ。しかし、これからは違う。厳格な規律のもと、一個の軍として、世界と対峙していかなければいけない。というわけで、今後は、命令系統に支障が出るであろう言動は厳しくとりしまっていく。あと、最後にもう一度だけ言う……ため口やめろ」

「そこまで偉そうにされて黙っているワケにはいかねぇなぁ。ナメんじゃねぇぞ、ラムド。お前は確かに強いが――っっ」

 そこで、キラっと銀色が光った。
 刃物がきらめいた色。
 コンマ数秒の出来ごと。
 その直後――

「うっがぁあああああ!」

 ラムドの飛斬で腕を切り飛ばされたワイルの叫びが、議事堂中に響き渡った。
 悲痛の叫び。
 噴き出す鮮血。
 すぐにオーラと魔力で止血するが、一気に大量の血を失ったせいで、ワイルの顔色は非常に悪くなっている。

「うぅう! がぁああ……てめぇ、本当に腕を……」

 切られた腕の傷に、『ランク1の回復魔法(ワイルが自力で使える回復魔法はランク1まで)』を使いながらそうつぶやくワイルに、
 ゴートは、非常に冷静な態度で言う。



「ため口はヤメろつったろーが……二度もよぉ」



 そこで、リーンが立ち上がり、

「ら、ラムド! やりすぎだ!」

「ああ、そうだな。やりすぎかもしれない。で、だから、なんだ? リーン」

 強い視線でリーンを黙らせるゴート。
 ――そこで、ダオが、

「あなたは……命令系統を乱すような言動をしてもいいんですか? 陛下に対してその口のききかたはいかがなものかと思いますよ……ラムド……殿」

「命令系統の一番上は俺だ。陛下は象徴として座するのみ。あと、殿じゃねぇ、様だ。俺とおまえは同等じゃねぇ。俺が上だ。言っておくが、俺は、『お前に様付けで呼ばれたくて仕方がない』ってワケじゃねぇぞ。そこをなおざりにしたら、そもそも意味がねぇからちゃんとしろっつってんだ。次、ちょっとでもナメた口きいたら、お前の腕も飛ばすから、覚悟しておけ」

「……」

 ラムドの強い視線を受けて、冷や汗を流しながら黙りこむダオ。

 ――そこで、さきほどラムドの視線一発で黙らされていたリーンが、
 気合いを入れ直したような顔になり、腹に力をこめて、

「ラムド! お前の事は信頼している! 任せるとも言った! しかし、こういうマネはやめてほしい! お願いだ!」

「こういうマネ?」

「仲間を傷つけるな! それでは、誰も、お前を信用しなくなる!」

「そうだな。その通りだ。『味方に損害を出すヤツ』の事は誰も信用しない。……つまり、そんなヤツを将軍の地位には置いておけないってことだ」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー309437

    ついこないだ読み始めたばかりなのに
    気づけば更新に追いついてしまうくら
    い夢中になって読んでいたみたいです笑
    ラノベをたくさん読むうちに感動も減ってきて退屈だと感じ始めていた
    時にこの作品に出会いこの作品の
    世界観に魅了されました!
    様々な登場人物の視点で描かれており
    どれも面白く読んでで飽きないです!

    更新を楽しみに応援しながら
    お待ちしています!

    4
コメントを書く