『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

15話 フッキに勝つプラン。


 15話 フッキに勝つプラン。

 この時点でのゴート・ラムド・セノワールは、ただ数字が膨れ上がっただけの化け物でしかなく、『本質的な戦闘力』に関しては、その辺にいる『冒険者志望者』よりも低い。

 搭載している複数のチートがスゴすぎるため、『戦闘力がちょっと高い』程度の相手までなら、ゴリ押しでもどうにかなるが、神闘の領域に入ってくると、余裕でボコボコにされてしまう。


「フッキに勝つための方法。というより、今後の方針。とりあえず、プランは二つある。……どうにか戦闘力を磨いて、『数字でははかれない強さ』を得るか……もしくは……」


 そこで、ゴートは、


「……『数字でははかれない強さ』――それをも圧倒する『数字』を得るか……」


 ボソっとそうつぶやいた。

 サイゾーの場合、ゴートの数字が膨れ上がるほどに存在値も戦闘力も増していくが、フッキの場合はそうじゃない。

「エレガが行動を起こす前にフッキをデリートする事。それが、現時点における最大の目的。つまりはタイムリミットがある。それも、明確な基準があるタイプではない、精神的にくるタイプのタイムリミット。……ならば、『おそらく相当な時間がかかってしまう戦闘力の向上』よりも、とにかくフッキを圧倒するほどの数字を得るほうが、あくまでも、『俺視点における現時点』では、正しい選択肢のような気がする……」

 ゴートは、今後の『自分』を『どうしていくか』と、深く深く考える。
 『今のところ勝てない相手』を倒すために、『どうすればいいか』と、バカみたいに必死になって、深く深く考える。
 この時間をこそ、『センエース』という個は、なによりも愛する事ができる。

 世界の命運がかかっているというのに、ゴートはワクワクしていた。
 『どうすればフッキに勝てるか』を考えている間、
 ゴートは、『それ以外の全て』を忘れて没頭していた。

 孤高の時間。
 誰にも邪魔されない、センエースが最も輝ける時間。

 ちょいと不謹慎かもしれないが、知ったこっちゃない。
 『センエース』という個は、ヒーローという役目を与えられた『記号』じゃない。
 全てが積み重なった果てに、気付けば『他の誰にもマネできない象徴』というポジションに収まってしまっていただけ。

 つきつめてしまえば、身勝手に、ワガママに、己が欲望のために、『ありとあらゆる絶望』をオモチャにするサイコパスでしかなかった。
 それが、センエースという人間――ゴート・ラムド・セノワールという魔人である。


 ★


 考えがまとまらず、いったん、外の空気を吸おうと、サイコゾーン・サンクチュアリから出るゴート。

 『どうするべきか』と考えながら、ブラブラと中庭を散歩していると、


(……おっとぉ……)


 空間魔法に閉じ込められたのを感じて、周囲にアンテナをはる。

 すると、ゴートの警戒網に、とある二人がひっかかった。
 男女。
 男の方はムキムキで、女の方はハリガネのように細い。



「突如として空間魔法に補足されたというのに、まったく動じないとは……豪胆だな、ラムド・セノワール」
「肝が据わっている? それとも、実は、補足された事にも気付かなかった?」



 『後ろから声をかけられたことでようやく気付いた』――という体(てい)で、ゴートは振り返り、二人の姿を確認する。

 そこにいたのは、天国に属する五神の二柱。

 ホルスド・ガオンと、
 ダーキニィ・パラフューム。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー338558

    いつか面白くなるかもしれないけど、いつになったら本番になるかわからない、これが虚無か…30話まで読めた自分はすごいと思う

    7
コメントを書く