『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

36話 さあ、俺の罪を数えようか

 36話




「弱者が生きていける世界じゃねぇんだよ、ここは。こんな世界に生まれてきた、てめぇの不運を嘆くヒマがあるなら、さっさと死ね。苦しむ前に死ね。その方が……苦しんで、苦しんで、苦しんで、苦しんで、それから死ぬより、なんぼか合理的だろうが。なんで、それがわからねぇ。どいつもこいつもぉ……」










 心が苦しくなるような、鈍い痛みを含む声。


 絞り出したような、勇者の発言を聞いて、
 汚いスラムのガキは、口をぱくぱくとさせて、


「……も、もし……かして……」


 さぐり、さぐり、
 壊れてしまわぬように、


「あな……たは……」


 おそるおそる、










「優しい……ひと……?」






 声が耳に触れた途端、


 勇者の顔が青筋で覆い尽くされる。




「ヘドすら出ねぇ……あまりの怒りで全身が千切れそうだ」




 体の震えがとまらない。
 サブイボがとまらない。
 怖気すら感じる不快感。




「俺が、この手で殺してきた弱者の数を……ここで、数えてやろうか? 何日かかるかわからねぇから、覚悟しろよ?」






「くるしめてきたのは……?」




「あん?」




「……おねえちゃん、お金をとりたてにくる人に……いっつも、いためつけられて……くるしめられてきたの……」




「だから、なんだ?」


「あなたが……くるしめてきたひとは……なんにん?」


「……」


 そこで、勇者はニタァっと笑う。








「数えたらキリがねぇぞ。覚えているだけで、1000は超えている」










 悪意を数える。


「キ○タマをすりつぶしてやった事がある。いい声で泣いていたぜ」


 己の悪辣さを語る。


「ヨメの指を一本ずつ切って、ダンナに食わせてやったこともある。最高のショーだった」


 積み重ねてきた業を並べる。


「そうそう、最高だったのは、アレだ。右腕を固定して、左腕を引っ張るんだ。ギチギチ、ギチギチと愉快な音がしてなぁ、最後はブチっと千切れる。見ものだったぜ」


「それは」


「おう。なんだ? どんな言葉で俺を非難する? 生半可じゃ、俺には届かねぇぜ」






「……どういうひとたちに、やったの?」






























 百人以上を犯して殺した連続強姦魔。
 貧民のガキを浚ってきてオモチャにしていた貴族の夫婦。
 立場を振りかざして、領民を散々いたぶっていたクソ領主。










 それ以上の事をやっていた連中の事は、
 記憶に残しておくのが、ほんのちょいと、軽くチョビっとだけ、タルかったから、










 ――爪をはがして、忘れてやったよ。










 アリア・ギアスってのは、便利だね。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 作者K

    勇者ええやつってこと…?

    1
コメントを書く