話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔王の娘を嫁にした後のハーレムなお話~世界最強の勇者は嫁の数だけ強くなるそうです~

ナギ@にわか

四話『愛妻奴隷になりたくて』

【シルクを永久奴隷にしました】

 ……はい? なんか今、不穏な音声が聞こえた気がするんですけど。『えいきゅうどれい?』ナニソレオイシイノ?

「ご主人……様、ごめんなさい……」

「……シルク、永久奴隷とか、なってない……よね?」

 シルクの首に見える首輪。この際、奴隷になっていることは良しとしよう。
 僕の手をシルクの手が動かし、自分の首に付けた。これだけで、僕の奴隷として契約される。解放するのも簡単だ。

 ただ、永久奴隷はまずい。文字通り、永久に解放されない奴隷。本来なら、死刑にならない程度の犯罪者を、労働力として使うために存在している。

 専用の契約をしなければならないはずで、シルクがそんなものを知っているとは思えない。

 それに、今の僕では解放出来ないから、困る。

「……なったよ。シルクが、自分から」

 頭が真っ白になる。この子は一体何を言っているんだ? 僕の奴隷に、自分からなった? しかも、死ぬまで離れなれない永久奴隷に?

「どうしてそんな事……」

「シグレと離れたくないから」

「そうじゃなくて、もっと自分を大切に――」

「シグレの奴隷にならなかったら、他で奴隷になるか、死ぬだけだってへーネさんが言ってたよ?」

「それは、確かに……」

 前の村には帰りたくないだろうけど、街に出れば、捕まるか殺されるかするだろう。魔王が言っていた通りに。だけど、永久奴隷になるなんて……ん? 「へーネさんが言ってた」って!?

「その首輪も、へーネが?」

「そうだよ?」

 何してんのあの人……

「永久奴隷の契約も教えてくれた!」

 マジで、なにしてくれちゃってんの!?

「ご主人様は優しいから、一生着いてく」

「いや、別に優しくないって。他の人でも助け――」

 僕は、事実を言うつもりだった。だけど、シルクが真剣な顔で、それを遮る。

「でも、助けてくれたのはご主人様。シルクの知ってる『他の人』には、見捨てられたもん。ご主人様に優しくして欲しいし、仲良くなりたいの。……どうしても、いや?」

「嫌じゃ、ないよ」

 問題は、そのうち後悔するだろうって事なんだけど。
 ……あ、リアが起きてる。

「だめです!」

「だよな、やっぱり――」

「わたしも永久奴隷にしてください!」

「そっちかよ!?」

 ――シルクさんだけずるい、わたしもシグレくん――いえ、シグレさまに全部あげたいと思ってたんですよ……?

「こんな事もあろうかと、へーネさんが二つくれたから。えっとね、はい」

「はいじゃないよ!?」

「ありがとうございます! ――えいっ」

 驚愕で固まっていると、リアの手によって、僕が首輪を付けてしまった。……やっば。

「落ち着こう、リア。それは良くない」

「落ち着いてます。シグレさまに全てささげないと、わたしがおかしくなってしまいます――《リア・ステファノスは、この身を、心を、魂を、永久を……水崎 時雨様に捧ぐ。永遠に続く愛の契約を……》」

 くっそ、レベルが低いからシルクを振り払えなかったァ!! はっ!? 命令すればよかったじゃん……!

 犯罪奴隷とは違い、結婚する際の指輪のような物として使われていたのが今の契約句……らしい。現在では、一度契約すると二度と解けない、首輪だと印象が悪い、という点から使われなくなった。

 愛妻奴隷いう名も。

 ……一部では、まだ使っているらしいけど。

 ほら、魔族とか、ね。

 ――以上、リアの記憶からでした!

【リア・ステファノスを永久奴隷にしました】

 リアの首輪が、無骨な黒から、ちょっとオシャレなチョーカーみたいな、銀メインの色合いになった。

「……あのさ、婚約もまだなのに、結婚する時にやることをしても大丈夫なわけ?」

「婚約発表を、結婚発表にしちゃえばいいのではないでしょうか」

「へー……シルクは?」

 同じくオシャレな首輪になってるシルクへ問う。まあ、知らずにやったんだろうけどさ。

「そういうものだって教えてもらった」

「知ってんのかよ……」

 そうですか、お嫁さん二人ですか。………嬉しいに決まってるだろチクショウ!

 なんなの? 片や尻尾振ってクンカクンカ&スリスリ……とかしてるし、片や首輪に触れながらうっとりして、脳内では愛情爆発させてるんだけど?

「これ、ガロにどう報告すればいいの?――へーネ」

「「えっ?」」

 ガタッ!

 扉の向こうから、音がした。気づかないはずないよね。僕だったら、間違いなく聞きに来るから。

「……申し訳ございません」

 シルクの事を心配していだだろうし、リアは……ちょっとフォロー出来ないな。心配してても、あんな事させる理由にならないわ。

「とりあえず……三人とも正座しよっか?」

「「?」」「ひっ」

 ああ、そっか、リアだけは知ってるんだっけ。正座、慣れてないと辛いよね? ステータスが高いなら、重りを乗せればいいもんね?

 というわけで――




 ツンツン

「んはぁっ、申し訳ございましぇん……!」

 ツツン

「わぅぅ……ごめんなさいぃ……!」

 ツツツン

「……もう、しませんからぁ……はぅ……」

 ペシッ

「「「あぁ――――――――っ!?」」」


 あ、倒れた。シルクは尻尾穴が無いせいで、ずり下がった服から下着が見えてるんだけど……見ないようにしよう。後でリアにバレるから。
 へーネはメイド服がロングスカートだからね。噛んでたのは面白かったけど。

 ……みんな痙攣してるから、微妙にエロい。

「こんな所かな。今後はこんな事がないように。もしあったら……分かってるよね?」

「「「は、はい……」」」

 待って、頬を染める所じゃないから。怖がるところだから。そういうのに目覚めたとか言わないでよ?

 …………リアは僕に何かしてもらえればそれでいいらしい。出来れば優しいのがいい、と。良かった、そっちに目覚めた訳ではないようだ。

「……寝よ」

「はい……あっ……抱っこされると、子供みたいになっちゃいますね……」

 動き辛そうにしているリアを抱き上げて、ベッドまで運ぶ。シルクとへーネも並んで横になり、僕は真ん中に……じゃねぇよ。

「そこ二人、当たり前のように混ざるのやめようか」

「……お、お嫁さんだから、ご主人様と寝るのは当然だよ? それに、離れたくないんだもん……」

 お風呂で洗ったのは失敗だった。ゆるふわな髪で顔も可愛いし、体も日焼けしてて、でも焼けすぎてない魅力的な肌になってる。元は色白みたいで、日焼けしていない部分の白がまたいい。

 リアの尽くすみたいなのとは違って、甘えん坊な感じだ。村では家族すら味方じゃなかったみたいだし、人肌恋しいって事かな?
 依存されてるのか、本当に好かれているのか分からないなぁ……ま、依存だったらそのうち好きな人が出来たってなるだろうし、その時は解放するのに必要なスキルを取ってあげよう。

 使い捨てスキルだから、一々取らないといけないのは面倒なんだよね。ポイントもえげつない。

「では私は、愛人として――」

「論外だよ、帰れ」

「……シグレ様にとって、私はなんなのですか!?」

「ただのメイドだろっ! 無理矢理修羅場みたいにしてんじゃねぇよ! もはや、あんたのキャラが崩壊してんぞ!?」

 ちゃんとしたいいメイドさんだと思ってたのに。残念過ぎる。落差が激しいから余計に。

「はいはーい、メイド1名退出しまーす」

「し、シグレ様? 引き摺るのはさすがに――」

 ポイッ、バタン!

「よし、邪魔者は消えたし……寝よう」

 ベッドに戻り……やっぱり真ん中で寝る。おや、シルクの事を考えていたせいで、リアが嫉妬してるみたい。可愛いね。

「……シルク、尻尾を何とかしないと、下着見えたままになるんじゃない?」

「見てもいいよ。……ただ、触るのはこころの準備が出来てからにして欲しいかなって……どうしてもって言うなら、寝てるあいだは好きにして平気だから」

「そこはダメって言おうか。寝てる間に触るとか、僕は変態か何かなの?」

「……でも、へーネさんが、男の人はみんな変態だって」

 ……否定出来ない。実際、リアが隣にいるだけでも色々考える。美少女が目の前にいるのに、何とも思わないはずがない。ましてや、自分を慕ってくれてるんだから。

「……し、シグレさま、わたしは……いつでもさわっていただいて構いませんからねっ! ……あんまり、さわり心地は良くないかもしれませんけど……」

「そのうち、お願いするかも」

「シルクには?」

「……触って欲しい?」

「こころの準備ができたら」

「そうなんだ……」

 シルクの場合は触れ合いたいだけなのかな? でも、変態がどうのって話になる時点で、性的な意味合いなんだろうし……難しい。

「そういえば、リアはどうして呼び方を変えたの?」

「シグレさまとお呼びする方が、支配していただけてるって思えるので……」

 これ、本気で言ってるんだもんなぁ。可愛いし、支配したくなる表情なんだけど……!

 ――ふにふに

「……ご主人様の腕、あったかい」

 寝ないと。柔らかくて程よい大きさの何かなんて知らないんだ。それに対抗して太ももに挟んでるリアとかも……




【――ソウルリンク、接続】





「つまり、こことは違う世界から来た勇者で、魔王退治に来たのに、魔王を助けちゃって……リアから離れると死んじゃうように………シルクも混ぜて」

「いや、狙ってやったわけじゃないんだってば。で、どうやらそれと似たようなのが、シルクとも繋がってるらしいんだ」

 目が覚めたら、目の前にソウルリンクの使い方なるものが表示されてた。SOL、ソウルリンク。これが0になるとリアと僕は死に至る……永久奴隷の、さらに強力な繋がりを得る契約をしたせいで、それがシルクとも繋がった。

 ただ、シルクの場合、一定時間離れると死ぬとかは無くて、ただ単に凄いことが出来るようになった。

 それがこちら。

 ・スキルポイントの受け渡し。
 ・一部スキルの共有と重複。
 ・いつでもどこでも心話が出来る。
 ・レベルとステータスの限界突破。

 ちなみに、リアとも可能である。
 ……その方法がまずいんだけどね。

「スキルポイントの受け渡しには、キスが必要なんだ。限界突破の方は……その、深い繋がり(物理)をしなきゃいけない」

「キスに、深い繋がり(物理)、ですか……はぅぅ……」

「は、ハードルが高いかも……」

 つまり、キスとエッチするって事。エッチは一度すればそれでいいんだけど、今のところする予定は無い。
 まあ、リアとなら……大丈夫かな。

「スキル共有した上で重複って、人数が増えると大変な事になるんじゃ……? よし、これは秘密の方向で。バレたら僕達が狙われる」

 強くなれる、という意味ではいい事なんだけど、永久奴隷(結婚ver)を増やすのはちょっと。力目当てで来られても面倒だ。 

「僕を召喚した国が知ったら、薬漬けでもなんでもするだろうね。王も王女も家臣達も、片っ端から腐ってたし。……まあ、その時はあの国消すけど」

「それなら、シルクも頑張るよ……」

「……シグレさまぁ……」

 シルクは僕を利用するつもりだった国に憤り、リアは僕が二人を守るためなら世界すら敵に回す……と考えていたのを知ってうっとりしてる。危ない兆候だ。

 もちろん、僕も含めて。

「……さてと、ガロと話さなきゃね」





「……誠に申し訳ございません」

 ガロの部屋に入った瞬間、へーネの土下座である。

「こいつは優秀なんだが……稀にとんでもない事をやらかす。もう、遅いだろうが」

「いや、僕はいいんだよ、僕は。結果的にお嫁さん二人はいい子で問題は無かった。でもさ、魔王の娘が奴隷ってまずいよね?」

「ああ、間違いなく貴様は殺されるだろう――」

「おっけ、僕達は近いうちにここは出ていく。いいね? お金は出すから、食料とか旅に必要なものを準備してくれ」

「それがいいだろうな。シグレが死ねば、リアも死ぬ事になる。そうなれば、我が厄災となる」

 うわ、とんでもねぇ。レベル上げたら、僕達の方が化け物になるんだけどね。
 リアはガロと離れるのを嫌がるかと思ってたけど、僕と旅をする方が重要なんだとさ。シルクは僕が居れば何処でもいいって……

「複雑だな……娘だけでなく、他の女も同時にとは……」

 全員の視線がへーネに集まる。冷静なふりをしているが、冷や汗がめっちゃ垂れてた。
 まあでも、二人の行動力が凄すぎるのもあるんだけどね。

「まあいいだろう。……しかし、ここを出る前に、魔王城の地下迷宮へ行く気は無いか?」

「地下迷宮があんの? 魔王城の地下に?」

 裏ボスとか出てこないよね?

「最深部に辿り着くことが出来れば、必要なスキルが手に入る。我の時には、二週間程だったか」

「ふーん……どんなスキルだった?」

「回数制限付きで魔法を無効化出来る」

「うわぁ……」

 魔法使いは即死だよ、それ。でも、そうか、そのくらいのスキルが手に入るなら、行ってもいいね。

「どうする? 行きたい?」

「……行きたい、かな」

「シグレさまのお役にたちたいです!」

 強力なスキルが手に入るなら、行きたいに決まってるよね。現段階でも、過去のガロよりは強いだろうし、問題ないはず。

 装備を身に付け、食料――は、僕が持ってたから大丈夫。迷宮の入り口に案内してもらうと、そこは魔王城の後ろに隠されていた。
 ……本当に裏ボスだったりしないよね?

 入る前にはステータスチェック。

 ―――――――――――――――――――――

 名前 : 水崎 時雨  種族 : 異世界人? (魔族?)

 レベル : 17
 魔力   : 145200/145200
 筋力   : 42000
 耐久   : 39250
 敏捷   : 95300
 技巧   : 74550
 魔技   : 67200
 精神   : 120000
 SOL   : 4435/4600

 スキル

『言語理解』『経験値倍化』『成長率倍化』
『成長限界突破』『スキルポイント倍化』
『刀術Lv5』『威圧Lv2』『体術Lv5』
『魔力操作Lv2』『回復魔法Lv3』
『雷魔法Lv2』『ステータス強化Lv20(10)』
『鑑定Lv3』『隠蔽Lv3』

 特殊スキル

『召喚 : 刀』『無限収納』

 スキルポイント : 1680
 ―――――――――――――――――――――

 ―――――――――――――――――――――

 名前 : リア・ステファノス  種族 : 魔族?

 レベル : 21
 魔力   : 9999/9999 (68278)
 筋力   : 4886
 耐久   : 4074
 敏捷   : 4879
 技巧   : 9999 (14882)
 魔技   : 9999 (30114)
 精神   : 9999 (23142)
 SOL : 4435/4600

 スキル

『経験値倍化』『成長率倍化』
『スキルポイント倍化』『土魔法Lv2』
『闇魔法Lv3』『魔力操作Lv4』
『短剣術Lv3』『礼儀作法Lv2』
『ステータス強化Lv20(0)』

 特殊スキル

 スキルポイント : 116
 ―――――――――――――――――――――

 ―――――――――――――――――――――

 名前 : シルク  種族 : 獣人

 レベル : 67
 魔力   : 9999/9999 (21048)
 筋力   : 9999 (165792)
 耐久   : 9999 (83112)
 敏捷   : 9999 (113256)
 技巧   : 9999 (124320)
 魔技   : 9999 (47928)
 精神   : 9999 (91224)

 スキル

『経験値倍化』『成長率倍化』
『スキルポイント倍化』『長剣術Lv5』
『ステータス強化Lv20(10)』『魔力操作Lv3』
『回復魔法Lv5』『魔力回復速度上昇Lv10』

 特殊スキル

『創造 : 武器』『第六感』『限界突破』

 スキルポイント : 128
 ―――――――――――――――――――――

「僕のスキルポイントはどうなってるんだろ……えっと、16レベル上がってて、三倍……35かな……おかしい、元々は平均18くらいだったんだけど」

「わたしの、ステータス、この前は400とかだったのに……きゅうせんきゅうひゃくきゅうじゅうきゅう? しし、シグレさま……」

「()が見えるいがい変わってない……」

 前言撤回。今の魔王相手でも勝てるよ!
 僕のステータスはどうしちゃったのかな? 上がり幅がおかしいとは思わないのかな?

 というか、シルクは普通に強いんだけど。前の僕よりは明らかに強いね。本来ならシルクが魔王を倒すはずだったんじゃ?

 レベルも……高いな。

「よしよし、よく頑張ったね」

「……くぅん……ご主人さま……」

 撫で撫でして褒める。
 村のために頑張ってたんだろう。前の僕より強いってことは、必要経験値も相当なはず。
 報われなかったのには腹が立つけど、今は僕の仲間だし、これから報いてあげればいいや。

「……リアも魔族? って出てるけど、僕達は何の種族になってるんだろうね」

「わたしは特に変わってないですけど、シグレさまは……見た目から違いますもんね」

「違うの? ご主人様は元々どんな感じだった?」

「黒髪黒目だったよ」

 この見た目で召喚した国に行っても、僕だとはバレないんじゃないか? 数ヶ月前に数時間会っただけだし、そこまで細かく覚えてないと思う。

「――ふぇ?」

「リア、どうしたの?」

「え、えと、『ステータス強化』を取ろうとしたんですけど……スキルポイント1でよくなってて……」

 ……これも、ソウルリンクの影響かな。シルクの方は変わってないみたいだから、リアと僕が繋がってるせいなんだろう。

「まあ、便利だしいいんじゃない? 僕達が強くなる分には、誰も困らないからね」

「そうですよねっ! ……お待たせしてごめんなさい、行きましょう!」

「「おー!」」

 魔王城、地下迷宮……攻略開始!

「魔王の娘を嫁にした後のハーレムなお話~世界最強の勇者は嫁の数だけ強くなるそうです~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く