話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔王の娘を嫁にした後のハーレムなお話~世界最強の勇者は嫁の数だけ強くなるそうです~

ナギ@にわか

三話『シルクは、仲良くなりたい』

「――わぅ……シルクは、捨てられた……」

 犬耳? 何で耳が頭にあるの??
 ……いや、落ち着こう。よくあるじゃないか。そう、獣人ってやつだ。うん、リアからも同意が得られた。

「……他の人達、この子を置いて逃げちゃったみたいなんだけど……酷くない?」

 僕が混乱している間に離れていた様子。それよりも、犬耳少女……シルク? が泣いてる。

「わふっ……」

 見ていられなくて、つい頭を撫でてしまった。

「どうして泣いてるの? さっきの人達に何かされた?」

「……シルク、村の人に突き飛ばされた……足止めしろって……戦う事しか出来ないんだからって……でも、もう疲れた……何でシルクばっかり……」

「? 君はシルク、でいいのかな? 僕はシグレ。でさ、君に何かするつもりもなければ、足止めする必要なんて無いよ?」

「……でも、人間と魔族に嫌われてるって」

「そうなんだ……耳が違うだけなのにね。二人とも、この子連れて帰っちゃ駄目かな? 同じ、勇者仲間みたいだし」

 そう、勇者。ボロボロになって色々見えそうになっている服から、勇者の刻印が見える。お腹の所にそこそこ大きく刻印されているから、2人にも見えているはずだ。

 勇者の刻印。そもそも勇者っていうのは、この刻印を持っている人の事。で、その刻印がある者は強くなれる。勇者の素養を持つ人間を呼び出して僕が出て来たけど、本来はこの世界の人がなるものなんだ。

「な、かま……?」

「普段は隠してるけど、刻印もある」

 勇者の刻印は見えないようにも出来る。だけど、シルクに見せようと思い、出してみた。

 だけど、僕の記憶とは違う物で。

 ……全身に広がる刻印。黒い紋様が、びっしりと、埋め尽くすように――

「……なんだこれ!? と、とりあえず、勇者だっていうのは分かったでしょ?」

「……じゃあ、シルクと同じなんだ……」

 本当は、左手の甲に出てくると思っていたのに、凄く気持ち悪い感じになってる。二人も驚いてるけど、説明しようがない。

「へーネ……わたしからも、お願いしますっ」

「一先ず連れ帰り、魔王様にご報告致しましょう。私も、獣人に思う所はありませんので」

 シルクは動けないようなので、僕が背負い――リアは羨ましそうにしていたけど――魔王城まで戻った。





「ほう、獣人の勇者か……いいだろう」

「ありがとうございます、お父さん」

「……ただし、街に行くのはやめておけ。奴隷でもなければ、獣人の勇者などすぐに殺される」

「ありがとう、ございます……」

 困惑気味にシルクはそう答える。

「それじゃあ、お風呂に入らないとですね。わたしとシグレくんだけではなく、シルクさんも」

「そうだね……ん? シルクも一緒なの?」

「え? は、はい、駄目でしたか……?」

「僕じゃなくて、シルクが」

 僕の方も割と大変だけど、女の子の方が抵抗はあるはずだ。リアは喜んでるけど。むしろ、脳内では歓喜してるけどっ!

「シルクは、別にいいよ。……でも、どうして皆優しくしてくれるの?」

「優しく……? 普通だと思うけど」

「わたしも、特に思い当たることは……」

 二人で首を傾げる。もしかして、そう感じる程辛い生活だったのかな……? うん、優しくしてあげればいいか。いつまでここに居るのか分からないけどね。

 お風呂に着くと、三人揃って赤くなりつつ服を脱ぐ。へーネもメイドとして来ようとしていたが、それは勘弁してもらった。さすがにハードルが高い。

「お風呂に入るの、初めて……」

「し、シグレくん、変じゃ、無いでしょうか……?」

 感動しているシルクを放置して、そんな事を言ってくる。

「う、うん、変じゃないと思う」

 湯浴み着とかタオルを巻いたりしないのは謎だけど、綺麗な肌を見れるんだから良しとしよう。シルクというストッパーがいるので、理性が崩壊する心配もない。

 ――綺麗だなんて……嬉しい、シグレくん……

 リアと僕の思考だだ漏れ状態は、コントロールする事が出来ないみたいなんだよね。
 そのお陰で、リアの本音が聞けるわけだけど。

「……まずは、シルクを洗ってあげて。僕がやるわけにはいかないし」

 前は目の上、横は肩、後ろは背中の半ばまで伸びたブラウンに近い色の髪。瞳は薄紫色で、身長は150前後かな。

 たぶん、歳は14とか15くらいだと思うんだけど、出るところは出ているから子供として見れない。
 それを言ったら、リアも僕と同い歳で色々アウトなんだけど……仕方ない事だし、本人が良いって言ってるんだから良いんだよ。

 自分の体を洗いつつ、そこまで考えた所で気付く。

「……近くない?」

「で、でも……離れない方が良いですし」

「そうだけど、シルクが恥ずかしいんじゃ……」

「き、気にしてない、よ?」

 上擦った声でそう答えるが、チラチラこっちを見ては真っ赤になるので、説得力は無い。あんまり見ないで欲しいんだけど……

「これでだいじょうぶですよ、シルクさん!」

「ありがと!」

 リアに泡を流してもらうと、お湯にダイブするシルク……って、広いけどそれは危ないんじゃないかな?

「僕も洗い終わったけど……そうだ、リアを洗ってあげようか」

「……えぇ!? そ、それは……でも……」

「どうせ離れちゃ駄目なんだし、その方が良いんじゃない?」

「そ、そうなんですけどぉ……」

 慌ててるから、僕がからかってる事には気づいてない。まあ、冗談はこのくらいにして、と。

「なんて――」

「お、お願いしますっ!」

 あれ、断られないんだけど。……こうなったら、本当に洗ってしまうしかない。

「……髪がこれだけ長いと、洗うの大変だよね? あ、でも、リアはへーネに洗ってもらうのか」

「わ、わたしだって、自分で洗う時もありますよ?」

「人に洗ってもらう方が多い時点で、僕の常識とはかけ離れてるなぁ。さすが、お姫様」

「もう、からかわないでくださ――ひぅ!?」

「……首、弱いんだ」

 後頭部を洗う時、少しうなじに触れただけなんだけど、可愛い声が聞こえてきた。
 洗い終わって流すと、今度は体。

 ……体なら当然、首も含まれているわけで。

「――んっ……あぁっ……シグレ、くんっ」

 いけね、反応が良いから楽しくなってた。
 色っぽい声で冷静になった僕は、普通に洗い始めた。リアがちょっと残念に思っているようだけど、理由は分からない。

「前は――」

「自分でやります!」

「だよね、僕に触らせるのは嫌だろうし」

「そんな事ありません! ただ、恥ずかしいですし……その、お胸とかほとんどなくって……ですから……」

 なるほど、コンプレックスなのか。しょぼんとしてるけど、これだけ綺麗なんだから、胸とか身長は気にしなくていいと思う。

「――リアの事なら、全部好きだよ」

「……えへへ」

「後ろ向いてるから、終わったら呼んで」

 気恥ずかしくて、さっと後ろを向いた。
 リアが良い子なのは、とっくに分かってる。魂の繋がりによって、心、思考、記憶。それら全てが引き出せるのだ。

 ……もう、リアが可愛くってしょうがない。

 好きにならないわけが無い。

「し、シグレくん……恥ずかしい……です」

「……ごめん、抑えられなくて」

 我に返った時には、もう洗い終わっていた。手を引かれたので繋いだままお湯に浸かる。
 泳いでたシルクも、僕の隣に座った。
 どこを見ればいいのかな。……天井、湯気で見えないなー。

「二人は、兄妹なの?」

「……ん? 違うよ。僕はそもそも人間だし。むしろ、どうしてそう思ったの?」

「髪とか、目とかが似てる」

「……いろいろあったんですよね」

「うん、いろいろね」

 魔王退治に来た勇者が、その魔王を助けて、その結果リアと魂が繋がって……意味わからん。
 この状態からは解放してあげたいんだけど、僕はこのままでもいいとか思ってたり。あ、リアも同じ事考えてる。

 そんな事を考えていたせいで、

「……シルク、これからどうすればいいのかな……?」

 ――シルクの思い詰めた声が聞こえなかった。





 お風呂から上がった後、丁度いい時間という事で部屋に食事を運んでもらった。広い所での食事は落ち着かないって、リアがへーネに教えたらしい。

 ……それで、だ。

「えっと、シルク……何で床に座ってるの?」

「? 家族とご飯を食べる時はこうだったから?」

 その村滅ぼそうかな。獣人にとって、勇者はそんなに嫌われ者なの? だとしても、実の子をそんな風に扱うか?

 ……女の子を床に座らせて食事とか、落ち着かないよ。

「椅子に座っていいよ。ここに居る間、そんな扱いはさせないから。シルクには普通に過ごして欲しい」

「……どうして、シルクの事を気にしてくれるの? やっぱり、勇者だから?」

「違うよ。シルクだって同じ獣人なのに、そんな酷い事をしていたのが許せないんだ。目の前にいる君は、どこにでも居る普通の女の子で、『勇者だから』なんて関係無くて……なんて言えばいいか分からないけど……とにかく、不幸になっていた分以上に、幸せにしてあげたい」

「……シルクが普通の女の子……勇者なんて関係無い……シルクを、幸せに……?」

「シグレくんの言うとおりです。ボロボロの服じゃ、せっかくの美人さんがだいなしですよ!」

 しばらく僕の顔をじーっと見ていたシルクだけど、恥ずかしくなったのか、ちょっと頬を染めて顔を逸らした。

「どうすれば幸せになれるかな?」

「それは人それぞれだからなぁ……とりあえず、やりたい事をやってみればいいと思う」

 僕の言葉にコクリと頷くと、椅子に座ってご飯を食べ始めた。そして、一口毎に食べる速度が上がっていく。
 ……分かるよ。ここのご飯美味しいよね。





「………もうたべられない……」

「なんてベタな……」

 先に食べ終わったシルクが寝てしまい、へーネに部屋まで送ってもらった。安心して、疲れが一気に来たのだろう。

 僕達も食べ終わり、

「「ごちそうさまでした」」

「……良いですね、これ。たのしいです」

「ごめん、ちょっと何言ってるか分からない」

「そんな……シグレくん、ひどいです……ぐすっ」

 記憶を見ていたリアが真似をしてそんなことを言う。楽しくはないと思うんだけど……
 ちなみに、「ぐすっ」って言ったのは泣いたふりをしているだけ。でも、可愛いから抱き締めて頭を撫でる。

「なんだか、何年もいっしょに過ごしたような……すごく、ふしぎな感じですね……」

「本当は一日なんだけど……リアが居ないと生きていけないな」

 立ち上がった僕達は、ふわっとした気分のまま寝巻きに着替えて、ベッドで横になる。薄い生地のようで、着心地はいいんだろうけど……腕を抱かれているせいで、理性がマッハで削れる。

「……わたしは、ずっと……おそばに……」

 リアも色々あって疲れていたようだ。まあ、二人分の思考が常に分かるのだし、それも仕方の無い事だろう。正直、僕も眠いからね!

 そういえば……シルクの村の人はどうしてあんな所に……? 明日聞いてみようかな。
 あとは、スキルなんだけど……眠いし、それも明日でいいや。

「おやすみ、リア」

 ……家族とは会いたいけど、選ぶ時が来たら、僕は、リアと家族、どっちを選べばいいのかな……?







 〜シルク視点〜


 シルク、頑張ってみんなの役に立ったよ? なのに、どうしてみんな離れていくの?
 勇者だから? そんなの、シルクがなりたくてなったんじゃないのに……お母さん、殴ったり蹴ったりしないでよ。お父さん、帰ってきてよ。お姉ちゃん――

 シルクは、みんなと仲良くしたい。

 そんなある日、村の男性達から手伝いを頼まれた。詳しい話は聞いていないけど、すぐに了承。

 ……森を歩いていたら、魔族に見つかった。

「――ちっ、何でバレたんだ?」

「知るかよ。とにかく、逃げるためにはこいつを囮にするしかねぇよな?」

「おお、そうだな! 役に立つの、好きなんだろ? ほら! 足止めしてこいよっ!」

 ドンッ!

 ……え? シルク、蹴られた……?
 捨てられた……? ご飯を取ってきたり、力仕事を請け負ったり、いっぱい頑張って来たのに?

 シルクを仲間と思ってないことなんて、顔を見れば分かった。シルクの頑張りなんて、無駄だったらしい。少しくらい、仲良くなれたと思ってたのに。……全部、無駄。

 ……それを理解した瞬間、涙が溢れてきた。

「――わぅ……シルクは、捨てられた……」

 目の前に居る人は、シルクを殺そうとしてるのかな……? 戦ったって誰もシルクを好きになってくれないんだし、もういいよね。

 ………?

「わふっ」

 ……なんで、頭を撫でてるの? 涙で視界がぼやけてるから、この人がどんな顔をしてるのかわからない。

 頭を撫でてもらったのなんていつぶりだろう……いや、一度もない。あるのは、叩かれた事だけ。
 この人は、大きな手で、労わるように優しく撫でてくれる。こんなの初めてで、体が熱を持つような感じがする。

 どうして、泣いてるのか?

 そんなの、あなたを足止めするために捨てられたからだよ。……え? そんな事する必要ないって?

 魔族と人間は、獣人が嫌いなんでしょ?

 でも、その人は初めて知ったかのように驚くだけ。シルクの耳を触りながら、仲間と話している。ちょっとくすぐったいけど、気持ちいいかも。

 今、勇者仲間って?

「……じゃあ、シルクと同じなんだ……」

 どうやら、この人はシルクを連れて帰りたいらしい。辛い場所でも、仲間が居るなら耐えられるかもしれない。無理だろうけど、この人と仲良くなれたらいいな。


 そう思っていたけど、


 お城の人達は、シルクを拒んだりしなくて。恐ろしいって言われてる魔王様も、お城にいる許可をくれた。しかも、街に出たら危ないと忠告まで。

 村の人達より、魔王の方が優しかった。

 今度はお風呂? こ、この人も一緒に?
 恥ずかしいけど、仲良くなれる機会かも?

「シルクは、別にいいよ。……でも、どうして皆優しくしてくれるの?」

 優しくしてない? 普通? みんな親切にしてくれるし、シルクを変な目で見ないよ?
 ……分からない。なんにも分からない。

 男の子の前で裸になるのは恥ずかしい。でも、お風呂。村にも無かった。すっごく凄い。

「お風呂に入るの、初めて……」

 まずは、シルクを綺麗にしてくれるらしい。シグレ? っていう人の近くで洗うのはなんでだろう。

「……近くない?」

「で、でも……離れない方が良いですし」

「そうだけど、シルクが恥ずかしいんじゃ……」

 あ、こっちに振られた。ここで嫌がったら、仲良くしてくれないかもしれない。そう、自然に……

「き、気にしてない、よ?」

 しまった、声が上擦ってる。男の子とお風呂なんて初めてだし、裸も初めて見たんだもん。
 顔は可愛いと思うけど、体はかなり逞しい。

 ……あんまり見過ぎちゃだめ、だよね。でも、ついつい横目で見ちゃう。怒られないかな。

 ……洗い終わった?
 やった、お湯!

「ありがと!」

 走って、飛び込む。すごく、気持ちいい。そういえば、お礼が雑になっちゃった。

 話しているのを見ていて思う。
 二人は、仲良さそう。あんな風になりたい。羨ましいな……って。

「二人は、兄妹なの?」

 違う? 見た目も似てるのに……え? 人間? 人間って、魔族とは獣人以上に仲が悪いんじゃ?
 色々……どんなことがあれば、仲良く出来るのかな? シルク、何でもするから教えて欲しい。

 ……こうしていると、ここにはいつまで居られるのか、なんて考えてしまう。

「……シルク、これからどうすればいいのかな……?」

 いつまでも、なんて事はないだろうから。




 ご飯、美味しそうなご飯が並んでる。でもきっと、あれはシルクの分じゃない。最後に残ったのがシルクの分になるはず。

 シルクは床に座って余り物を待つけど、シグレが、「何で床に座ってるの?」だって。

「? 家族とご飯を食べる時はこうだったから?」

 本当は、並んで椅子に座ったりしたいけど、それはまだ早いよね。……あれ、シグレ、怒ってる? シルク、何か悪い事した?

「椅子に座っていいよ。ここに居る間、そんな扱いはさせないから。シルクには普通に過ごして欲しい」

 シルクに怒ってるんじゃなくて、村の人達? 確かに、シルクだって怒ってるけど、シグレがそんなに怒るのはなんで?
 森で偶然会っただけの、シルクなんかに。

「……どうして、シルクの事を気にしてくれるの? やっぱり、勇者だから?」

「違う。シルクだって同じ獣人なのに、そんな酷い事をしていたのが許せないんだ。目の前にいる君は、どこにでも居る普通の女の子で、『勇者だから』なんて関係無くて……なんて言えばいいか分からないけど……とにかく、不幸になっていた分以上に、幸せにしてあげたい」

「……シルクが普通の女の子……勇者なんて関係無い……シルクを、幸せに……?」

 シルクは、普通の女の子なの? みんな、勇者だからって嫌ってたのに、そんなの関係ない? シグレは、シルクを幸せにしたいの?

 ……求婚みたいだなって思ったら、思わず目を逸らしちゃった。照れ隠しに質問しよう。

「どうすれば幸せになれるかな?」

 やりたい事をやってみればいい? ……シルクがしたい事。シグレに優しくして欲しい……あれれ? シルクは仲良くなりたかったような? 

 でも、「幸せにしてあげたい」って言われてから、なんだかふわふわする。胸の奥がキュッて締め付けられるような……初めての気持ちで分からないけど……なんだか、落ち着かない。

 ……そんな気持ちでご飯を食べていたら、いつの間に眠っちゃった。





「ん……シグレ……?」

 目が覚めると、シグレやリアは居なかった。代わりに、へーネさんが立ってる。
 気まずい。へーネさんをシグレって呼んじゃった……すごいニコニコしてるから、余計に恥ずかしい。

 ……大人のへーネさんなら、シルクがこれからどうすればいいのかわかるかもしれない。

「……へーネさん、シルクは、どうしたらいい……ですか?」

「無理をなさらず、普段通りにお話ください。……どうしたらいい、でしたか? そうですね、シルク様が欲しいものなどは?」

 シルクは――

「シグレと仲良くなりたい……けど、優しくされたくて……シグレの事を考えると、ふわふわしてキュッてなって……よく分からないよ……」

「……やはり、そうなりましたか。私に、良い考えがあります。ですが、それをすれば、二度とシグレ様から離れられなくなります。よろしいですか?」

 二度と離れられなくーー

「……いい」

 それでも……ううん。それが、いい。
 へーネさんが教えてくれたのは、よくないことな気がするけど、やりたい事をやってみればいいって言ったのはシグレだから。

 きっと、シグレなら、シルクの事を嫌ったりしない。そう思いたいだけなのかな? 

 それでもね、

 ……シルクは、シグレと離れたくない。

「魔王の娘を嫁にした後のハーレムなお話~世界最強の勇者は嫁の数だけ強くなるそうです~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く