話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔王の娘を嫁にした後のハーレムなお話~世界最強の勇者は嫁の数だけ強くなるそうです~

ナギ@にわか

一話『魔王を助けると褐色ロリが貰えます』

 僕は 水崎 時雨。身長は172cmで、顔が可愛いと言われる。……不本意だけど。
 まあ、極々普通の高校一年生だ。

 ……でも、そんな僕が異世界に召喚されてしまった。

 家で普通に寝ていたはずなのに。目が覚めたら、武装した人達に囲まれていたのだ。
 魔王を倒して? お金と武器は支給するから? 倒したら家に返してくれる? 嘘つけ、その欲に濁った目を何とかしてから言え。

 でも、やらなきゃ殺されそうな気がしたから、仕方なく1人旅をして強くなった。平和な世界の方が生きるのにもいいし。

 そして、今僕が居る場所は、ラスボスの居る魔王城。僕は、人々の想いを胸に最終決戦へ……!

 ……ではなく。

「勇者……我が娘をどうするつもりだ? 武器も構えず、何をしている?」

「……それはこっちが聞きたいんだけどね。さっきから離れてくれないんだよ、この子。ねえ、離れてくれない?」

 さっきから、魔族の美少女に泣きつかれてます。

「やです! お父さんを助けてくれるまで離しません!」

「こんな感じなんだけど……何? 病気?」

「う、うむ、まあ――」

 魔王は病を患った状態で体を酷使したせいで死にかけらしい。普通なら喜ぶ所なんだけど、隣で泣いてる女の子が気になる。

 美しい銀髪に、褐色の肌。
 身長は140cm弱くらいで、顔も可愛い。そしてお父さんを助けるために人間の僕を頼って来た……魔族。だから? 殺せるわけないじゃん。

 しかも、変装して入った魔族の国は平和で良い所だったし、人間が一方的に悪と断じてるみたいだ。となると、倒してもいい事無さそうだし、普通に会話してみるのもいいんじゃない?

「ちなみに、どのくらいで死ぬの?」

「そうだな……後、数十分だ」

「はぁ!? ちょっ、それは聞いてないって!」

 どうする? 助ける方法はある。ただ、一応は悪と言われている魔王を助けていいのか?

 僕が考え込んでいると、褐色ロリが引っ張ってくる。

「お願いしますっ…… わたしの全てを捧げますから! だからっ、お父さんだけは……助けてくださいっ」

「……ああもう! 泣くなって! 分かった、助けるよ!」

 美少女を泣かせて平然としていられるか? 
 ――そんなの、無理に決まってるだろ!

「普通の回復魔法じゃ治せないんだよな?」

「魂が欠損している。例え勇者でも――」

「問題ない。ただ、今から使うスキルは僕が死ぬリスクがある。もし成功したら、報酬は弾んでくれよ?」

「……よかろう。しかし、どうしてそこまで?」

「……この子が僕の好みだったから。あんたの娘めっちゃ可愛いぞちくしょう!」

 ……僕はロリコンじゃない、いいね?
 世界のシステムとして存在する、ステータスとスキル。Lvが上がれは強くなるし、スキルを取得すると知識が手に入って、急に出来るようになる。
 ゲームかっての。

 余りあるスキルポイントを使い、あるスキルを取得。

『魂の譲渡』

 スキルポイント
 残り : 610 → 110

 500は多くないかな? まあいいけど。というか、名前からしてやばいよね。

 説明を見ると、魂を譲渡するってしか書いてない。成功率は1%――スキルの確率低すぎ!?
 失敗したら、魂の譲渡を終えて死ぬとか!

 男は度胸だ。

 対象は魔王にして、発動。

 ………
 ……………
 …………………

「……うん? 何も起こらな――」

【Lv99からLv1に低下。成長限界が無くなり、ステータスの成長率が――】

 そこで僕の意識は、プツリと途切れた。

 ◇・◆

 ん? 生きてるっぽい?

 目をゆっくり開ける。明るいという事は、朝か昼。魔王と話していたのは夕方なので、少なくとも1日は経っているだろう。

「知らない天井だ……」

 ごめん、やりたかっただけ。
 右手を持ち上げると、傷一つない手が現れた。回復魔法で治しているから、跡が残らないんだ。

 次は左手を――

「んぅ……」

「……え?」

 左手が動かないと思ったら、裸の女の子が抱きついてました。……おや?

 その顔には見覚えがある。魔王の娘だ。
 シミ1つない綺麗な肌で、膨らみかけの胸が……って、どういう状況?

「やわらかい……でも、起こさないとな」

 右手で肩を揺さぶると、すぐに目を覚ました。そして、何も隠さずに起き上がってしまう。

「ふぁ〜……おはよう、ございます……」

「前! 前を隠して!」

「ふぇ? ……あっ、ご、こめんなさい!」

「いや、うん、僕はいいんだけどね?」

 理性の方が非常に危ない。
 そう思っていると、シーツで体を隠した女の子がチラチラとこっちを見てくるので、首を傾げてしまう。

「あの、わたしはリア=ステファノス、です。ご主人様のお名前を教えてもらえますか?」

「……今、なんて呼んだの?」

「? ……ご主人様、です」

 一旦落ち着こう。
 聞きたい事は滅茶苦茶あるけど、まずはこれだ。

「僕はシグレ。魔王は生きてる?」

「はい! でも、いまは寝てるかもです」

 ニコニコと嬉しそうに笑う。
 どうしよう、この子可愛すぎる。惚れそう。

「それは良かった。……で、僕がご主人様って何?」

「わたし、ご主人様のどれいになります!」

「……それ、笑顔で言うことじゃないと思うんだけど。とりあえず、シグレって呼んでいいよ?」

「じゃあ、シグレさま?」

「うーん、もうちょい」

 この後も粘って、最終的にはシグレくん。

「リアさんは「リアです」……リア、奴隷と言っても首輪は付けてないよね?」

「わたしの全てを捧げるという意味で……」

 確かに、そんな事を言っていた気も。とはいえ、女の子にそんな事させられないかな。

「別に、無理しなくていいんだよ? 対価なら魔王から貰うし、リアがそこまでする必要は無い」

「でも、離れたら二人とも死んじゃいます……」

「へ?」

 リアによると、
 僕が『魂の譲渡』を失敗して、魔王に譲渡した僕は死ぬはずだった。けど、リアが僕を掴んでいたせいで、魂が少し欠けてしまった。ただ、お互いの魂を共鳴させて何とか生きてる。

 一定時間、あるいは一定距離を離れると、二人揃って死んでしまうらしい。魂が補えないせいで。

「ご、ごめん! 僕のせいで……えっ?」

 僕が頭を下げる前に、リアが抱き着いてきた。

「いいんです。シグレくんの心、すごくあったかくて、心地よくて……いろんな想いが伝わってきます」

「……本当だ」

 お父さんが大好きだとか。

 僕が生きてて良かっただとか。

 可愛いって思われたのが嬉しいだとか……ん?

「あ、あのさ……僕が何を考えてるのか分かるって事は、さっきから考えてる事も……」

 考えるな、考えるな!
 ――リアって凄く柔らかいな。ずっとこうしていたいくらいに。髪も綺麗だし、肌も……

「……き、気持ち悪いよね」

「そんなことは――」

 ――わたしもずっとこうしていたいです……

「「………」」

 無言で見つめ合う僕達。抱き着く手にも力が入っているし、顔も真っ赤。僕も赤くなっているだろう。

「ふ、服、着ないとです……」

「あ、うん! 後ろ向いてるね。……あれ? そういえば、どうして裸?」

「は、裸じゃないと、寝れないんです……」

「そ、そうなんだ……」

 ――触れ合いたかったなんて言えません!

「はぅ……」

 残念ながら、嘘はつけない。リアにそう思われるのは嬉しいけど、これも伝わってるんだろうなぁ。
 ……というか、離れちゃ駄目って、トイレとかお風呂とか、寝る時とか、どうするの?

「着替え、終わりました。……お手洗いは、扉の前まで来てもらわないとですし、お風呂と寝る時は一緒じゃないと、です」

「……嫌じゃない?」

「わたしは平気ですけど……シグレくんは?」

「僕は、大丈夫かな」

 リアには悪いけど、一緒に寝るのとか、お風呂に入るのとか凄く楽しみで――はっ!?

「……は、はずかしいです」

「き、危険だね、これ」

 常に近くで過ごさなきゃいけないなんて、リアからしたら苦痛以外の何ものでもないだろう。
 何とかして解放してあげたい。

「シグレく――」

 ――わたしはシグレくんのこと好きです。一目惚れ、なんでしょうか……?

「ち、違うんです……」

 ――シグレくんかっこいいです……

「と、止まらな――」

 ――ギューッてしてくれないでしょうか……?

「まっ――」

 ――聞こえてるんですよね……?

「ごめんなさい……」

「……いいよ」

 思わずリアを抱き寄せてしまった。こんな可愛いおねだりに逆らえるはずがない。

「シグレくん……」

「――ふむ、事情は分かった」

「「っっ!?」」

 一瞬で離れると、扉が開いて、そこから魔王の姿が。

「あれ? 若返ってる?」

「そのようだ。勇者……いや、シグレの魂が原因であろう。レベルも99まで上がっている」

 50代だった魔王の見た目が、20代後半の若々しいイケメンになっている。

「僕はどこか変わってる?」

「……髪の毛が、銀のような灰色になってますね」

「えっ」

「瞳は右目だけリアと同じ黄金色だな」

「ふぁっ」

 それって……凄く、厨二病スタイルなのでは? 魂云々が見た目にも影響あるなんて!

「いや、ですか……?」

「あ、違うよ? 驚いただけだから」

 不安そうに見てくるので、誤解を解く。実際、お揃いみたいでちょっと嬉しくもあるし。

「えへへ……」

「……シグレは魔王にするしかないな」

「待って、どうしてそうなるの!?」

「リアと離れられないのだ、一生を共にするしかあるまい? それに、お前の記憶は寝ている間に見たのでな。リアを任せるに値する人間だ」

 リア、嬉しそう。何でこんなに好かれてるの? 魔王の言い分は分かったけど、僕が次の魔王って……

「わたしも、シグレくんの記憶見ちゃいました。日本? で刀を振ってる所とかも……」

 ――がんばるシグレくん、かっこよくて……

「……そういう事ね」

 やけに好感度が高いと思えば、一目惚れというより、記憶を覗いたからだったのか。しかも、それで好かれるっていうのは嬉しい。

「リアと魔王は僕の事を16年分知ってて、僕だけリアの事を知らないんだ……」

「我はどうでもいいと」

「はっはっは、なんの事かな?」

 ……僕は弱くなってるのかな? ステータスを開いてみよっか。気になるし。

 ―――――――――――――――――――――

 名前 : 水崎 時雨  種族 : 異世界人? (魔族?)

 レベル : 1
 魔力   : 131/131
 筋力   : 37
 耐久   : 34
 敏捷   : 84
 技巧   : 65
 魔技   : 57
 精神   : 140
 SOL : 92

 スキル

『言語理解』『経験値倍化』『成長率倍化』
『成長限界突破』『スキルポイント倍化』

 特殊スキル

『召喚 : 刀』『無限収納』

 スキルポイント : 112
 ―――――――――――――――――――――

「あれ?」

「わぁ、すごく強いですね……でも、これなんですか?」

「SOL……我も知らんぞ」

「うん、それも気になるんだけどさ、スキル増えてるし、レベル1しては高くない? 前は高くても20〜30とかだったんだけど?」

 初めて見たやつが4つもある。『成長限界突破』は、レベルの上限が無くなるのかな?
 いやー、相変わらず精神高い。

「しかも、種族に『?』付いちゃってるし、(魔族)って書いてるんだけど?」

「いっしょですねっ」

「守りたい、この笑顔……!」

「……守るにしても、レベル20は欲しい所だな。だが、リアから離れられないのだったか……」

 最後の、「リアから離れられない」だけ聞くと、僕が駄々を捏ねる子供みたいだね。
 でも、レベルは上げたいかな。

「シグレくん、わたしも手伝いますから」

「……まあ、僕より強いし」

 平均で400くらいある。レベルは17で、やっぱりSOLがあった。

「ん? 僕と同じスキルがあるみたいだけど……あ、もしかして、一部スキルも共有?」

「みたい、ですね……」

 リアが急に静かになった。魔王と2人で首を傾げていたが、リアの思考で理解する。

 ――お揃いです……えへへ。

 この子可愛すぎるんだけど。嫁にしたい。
 すると、今度は赤くなって……あ、嫁にしたいとか可愛いって思ったからか。んー、上手くコントロール出来ないものかな。

 ……おや? 扉をノックされたぞ。

「魔王様、よろしいでしょうか?」

「入れ」

 威厳ある声で応じた魔王。入ってきたのは、20代後半くらいの美人メイド。角があるけど。
 そういえば、リアは角ないんだよね。あっても無くても可愛いと思うけどさ。

「……シグレ様をリア様の婚約者として発表するとの事ですが、よろしいのですか?」

「「えぇ!?」」

 これには2人揃って驚く。本人達が聞いていない婚約とか、真面目に良くないだろ。
 ……そもそも、だ。

「あのさ、そうなると僕は人間と敵対する事ならないかな? 知り合いを殺すのとか嫌だよ?」

「安心しろ。どうせ人間共には伝わらん。それに、帰る場所も無いのだろう?」

「うっ、確かに……」

 一心不乱に強くなることだけを考えていたから、そこまで親しい人も居ないし、元の世界にも帰れない。
 送還出来ないのは旅の途中で知った。遺跡で過去の勇者が書いた日記を見つけたのだ。もし役目を終えれば、殺される運命らしい。

 ここまで考えた所で、手に柔らかい感触が。リアが僕の手を握っていたみたい。あんまりこういう事は考えないようにしないと。

「そうだなぁ……リアは婚約とか嫌じゃない? 僕は、リアとなら良いと思ってるけど」

「は、はい……いやじゃないですっ」

 ――すごく嬉しい、です!

「ふっ、人間の希望である勇者が我ら魔族と……実に面白いではないか」

「魔王様がそう仰るのならば」

「僕としては、お風呂とか寝る時の方が問題なんだけど。どのくらい離れて大丈夫なのかな?」

 メイドさんは分かってないようだけど、リアと魔王は真剣な表情になる。まあ、これを間違うと2人死ぬ訳だからね。仕方ないね。

「えっと、1m離れたら、何かが抜けていく? 感じがしたんです……」

「え、1mって……」

 寝る時、同じベッドじゃないと無理じゃん。大歓迎だけど、魔王は許してくれるかな?

「我の命を救ったのだ、その程度は許す」

「……それは良かった。魔王って呼んでたけどさ、本名何? というか、敬語で話した方がいい?」

「そのままで構わん。名は、ガロ=ステファノスだ」

 かっこいい名前だね。……今更ではあるけど、メイドさん、僕の事を「シグレ様」って呼ばなかった?

「ねえガロ、この城での僕は、どういう扱い?」

「リアと同じようなものだ」

「魔王の娘と?」

「なんだ、不満か?」

「いや、過剰過ぎる気がして……」

 いくら魔王を助けたとは言っても、人間で勇者だし、あまりいい気分にはならないと思う。
 でも、メイドさんはそうでもない様子。

「そのような事はございません。敵と認識していた魔王様に対し、命を賭けて助けて頂いたのです。それを、人間だからと言うような恥知らずはここには居りません。リア様の問題はあるようですが、本人がお喜びならそれでよろしいかと」

「そうで……なんだ。あんまり否定するとガロを軽視してるみたいになるから、素直に受け取るよ」

 メイドさんの雰囲気につられて、「そうですか」と言いそうになった。ガロは呼び捨てなのに、使用人は敬語とかおかしいよね。

「……では、別の者がシグレ様のお召し物を準備致しますので、少々お待ち下さい」

「あ、うん……うん? お召し物……」

 そこで初めて自分の体を見る。するとどうだろう、そこには上半身裸の自分が居るではないか。

「……お願いします」

「なんだ、気づいていなかったのか?」

「そっとしておいて……」

 意識していないと、恥ずかしいんだよね。
 ……そっか、この格好でメイドさんやリアと話してたのか。そっか、こんな……死にたい。

 ――わたしは、見れて嬉しいのに……

「……あっ」

「一応、ありがとう……かな?」

 というわけで、勇者が魔王を助けたら、褐色ロリのお嫁さんが出来ました。
 ちゃんちゃ――まだ終わらないからね!?

「魔王の娘を嫁にした後のハーレムなお話~世界最強の勇者は嫁の数だけ強くなるそうです~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く