吐露

夏生 旭


「逢いに行くよ、だから待ってて」

「逢いに来てね、待ってるよ」



「逢いに来たよ、お待たせ」

「ちょっと早すぎるよ、また逢いに来てね」



「また来たよ、お待たせ」

「まだちょっと早いかな、また逢いに来てね」



「早く逢いたくて、また来ちゃったや」

「ありがとう、でもまだ早いかな
また逢いに来てね」


「随分待たせちゃったね、ごめんね
逢いに来たよ、君にいっぱい話しがあるんだ」

「ううん、今着いたところだよ
逢いに来てくれてありがとう
一体どんな話なの?」

「僕が君をーーーーー」

「吐露」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く