話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

現実世界に出来たダンジョンで気がついたら最強になっていた戦闘強の話

ノベルバユーザー332197

スキル集めだぜ ダンジョン9日目~17日目

「だいぶ強くなっったな、泰斗お前は戦いの才がある、それこそ、超一流になれるくらいのな、俺からはもう何も教えることはない」

「加藤教官、ご指導ありがとうございました」

「あの~、加藤教官、俺達の指導はどうなったのでしょうか」

真司さんが、小さく手を挙げながら、質問して思い出す。

「あっ、他の三人忘れてた」

「すまん、すまん、じゃ、気を取り直してお前たちの指導をやるわ」

「お願いします」

1時間後

俺は指導が終わったので、端で素振りをしながら、指導の様子を見ていたが、結論指導の程度が、想像より酷かった、素振りさせながら、教官がそれを注意してく感じ、もっと、俺のようにガンガン模擬戦闘するの方思ってたが、特に学ぶこともなさそうなので、教官に一言

「帰ります」

そう言って、資料室へ行って、資料を読んで帰った。

家に帰ったら

昼ごはん食べて、アニメ見て、漫画読んで、夕ご飯食べて、ラノベ読んで寝た。

次の日 ダンジョン10日目

修理してもらった武器を、取りに行ってからいつもの闇カスダンジョンへと、向かった。

「再生スキルがクソ高いと知ったので、2階層のボスを中心に狩っていきます」

6時間後

2階層ボスのスキルの書が3つとゾンビ2つゲット

ボスの方は、ダンジョン連合に行って鑑定からの売るコースだが、ゾンビは使おうっと。

ゾンビ

スキル腐敗強化を獲得しました。

スキル身体強化を獲得しました。

魔石値 29840円

ダンジョン11日目

「もし、自信満々にダンジョン連合に行って再生のスキルの書がなかったら恥ずかしいので、取り敢えず、20集めることにした」

8時間後

ボス3 スケルトン1 ゾンビ2

スケルトン

スキル美骨格を獲得しました。

ゾンビ

スキル毒耐性を獲得しました。

スキル美肉体を獲得しました。

魔石値は40620円だった。

ダンジョン12日目

ボス2 ゾンビ1

「今日は何故か、かなり少なかった、少々残念だが明日頑張ろう」

ゾンビ

スキル闇魔法を獲得しました。

魔石値45210円

ダンジョン13日目

「昨日少なかったし、もっと頑張ろう。

9時間後

ボス4 スケルトン1 ゾンビ4

「そこそこ、手に入った、ヤッタネ」

スケルトン

スキル骨太を獲得しました。

ゾンビ

スキル闇魔法を獲得しました。

スキル肉体強化を獲得しました。

スキル魔力強化を獲得しました。

スキル状態異常耐性を獲得しました。

魔石値46380円

ダンジョン14日目

ボス4 ゾンビ2

ゾンビ

スキル闇魔法を獲得しました。

スキル肉体再生を獲得しました。

魔石値45190円

ダンジョン15日目

ボス3 スケルトン1 ゾンビ1  

スケルトン

骨再生を獲得しました。

ゾンビ

スキル身体強化を獲得しました。

魔石値42980円

ダンジョン16日目

ボス3 スケルトン2 ゾンビ2

「よし、やっと、20超えた、これだけあれば、再生出て来るだろ」

スケルトン

スキル骨強化を獲得しました。

スキル骨強化を獲得しました。

ゾンビ

スキル肉体再生を獲得しました。

スキル肉体強化を獲得しました。

魔石値45010円

「明日、このスキルの書を売りに行くか」

17日目

早速、スキルの書を持って、ダンジョン連合に向かった。

「すみません、スキルの書の鑑定をお願いしたいのですが」

「はい、分かりました、では1つ千円ですので2万円お支払いください」

2万かでも、100万のためだ。

「お願いします」

そう言って、2万円を支払う。

「はい、ありがとうございます、鑑定は10分ほどで終わりますので、少々お待ち下さい」

「うわ、緊張するな」

そう、つぶやきながら、待っていると。

「あれ、泰斗君、久しぶり」

そう、声をかけてきたのは、前、剣を指導してもらう時に出会った、2年潜ってる結衣さんだった。

しかも、結衣さんは、イケメンって感じの男3人と一緒にいた。

逆ハーレムかよ。

「こんにちは、お久しぶりですね」

「おいおい、結衣、そこのガキ知り合いか」

うわ~、イケメンうぜえ。

「あ~、この子ね、たった一人で、加藤教官と互角に渡り合うぐらい強いの」

「は、何言ってんだ結衣、加藤教官って言ったら、一人で魔物を千殺して、魔物暴走を止めた化け物だぞ、こんなガキが戦えるわけないだろ」

え、加藤教官って、そんな強かったんだ、魔物暴走って起きれば町一つ崩壊するレベルの災害だぞ。スゲー。つーか、常識的に考えて加藤教官手加減してくれてるに決まってるでしょ。

「いや、多分加藤教官が手加減してくれたんだと思いますよ」

「それも、そうね、あっ、ごめん、私たちもう行かなきゃ、またね」

そう言って結衣さん達は去っていった。

もう、そろそろかな、結衣さんが去ってから少し待ってたら、鑑定が終了していると伝えられたので、受け付けまで向かった。

――――――――――

スキル
闇魔法10 魔力強化4 身体強化5 精神強化4 骨強化4 状態異常耐性3 骨再生2 肉体再生3 再生2 骨太3 打撃耐性2 肉体強化2 奇声2 腐敗魔法1 異臭耐性1 美骨格2 美肉体1 毒耐性1
腐敗耐性1 異臭耐性1


「現実世界に出来たダンジョンで気がついたら最強になっていた戦闘強の話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く