話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

現実世界に出来たダンジョンで気がついたら最強になっていた戦闘強の話

ノベルバユーザー332197

くらえ、【闇再生斬り】、痛い、いろんな意味で痛い。 ダンジョン3~6日目

ダンジョン3日目

今日も安全優先で昨日のように、スケルトンとボスを交互に破壊してった。

ボス魔石は1つ20円という安さなのでクロスケにすべて上げたら喜んだ。

ボスから2つ、スケルトンから2つスキルの書が手に入った。

ボス

スキル闇魔法を獲得しました。

スキル魔力強化を獲得しました。

スケルトン

スキル骨太を獲得しました。

スキル打撃耐性を獲得しました。

スケルトン魔石数は4231個で42310円になった。

ダンジョン4日目

今日も安全とスキルの書のため1階層を潜った。

だいぶ強くなっていて、剣を振った余波でスケルトンを破壊出来るようになった。
やったね

おかげで、ボスから3つスケルトンから2つスキルの書が手に入った。

ボス

スキル身体強化を獲得しました。

スキル身体強化を獲得しました。

スキル精神強化を獲得しました。

スケルトン

スキル骨太を獲得しました。

スキル骨強化を獲得しました。

スケルトン魔石数は4985個で49850円だった。

ダンジョン5日目

だいぶ強くなってたから、明日からは2階層に挑戦しようと決めた。

そう決めた後、いつものようにスケルトンとボスを狩って、ボスから4つスケルトンから1つスキルの書が手に入った。

ボス

スキル精神強化を獲得しました。

スキル闇魔法を獲得しました。

スキル状態異常耐性を獲得しました。

スキル打撃耐性を獲得しました。

スケルトン

スキル骨再生を獲得しました。

スケルトンの魔石数は5129個で51290円だった。

ダンジョン6日目

「よし、2階層ここからは未知の領域だ、一応ネットにはゾンビが出て来ると書いていたから、鼻栓もってきたし、行くか」

そう言って、2階層に降りると、

ゾンビが3体現れた。

「う、臭い、でも我慢できないほどじゃないし、くらえゾンビめ」

そう言って、ゾンビの首をはねる、そのままドロップ品となっていた。

「え、一撃、これじゃスケルトンと変わんないというか、スケルトンより弱い、足遅いし」

1時間後、臭いのも慣れ、ゾンビを狩りまくった結果、ボス部屋にたどり着いた。

「ゾンビ弱かったし、いけるやろ」

そう言って、ボス部屋に挑戦した。

3m級のビッグゾンビが表れた。

「あ~~~、お~ぐ~ぎゃ~~~」

気持ちの悪い奇声を発しながら、腐肉散らしてビッグゾンビが襲いかかって来る。

「グロ、SAN値が、ゾンビ映画とか好きだけど、これは無理、グログログロ」

「だけど、こいつを殺さなきゃ、俺が殺される、やってやるぜ」

「おりゃ~~~」

ひとまず、ぎりぎり届く腹を切りつけるが、全く効果なし。
次は、足だが、効果あるっぽく見えたが再生しだした。
ヤベ、どうする、どうやったら勝てる、今俺の使えるのはなんだ、・・・闇魔法これしかないな、じゃあ、この闇魔法をどう活用する、考えろ、考えろ、何か方法は・・・ここで限界を超えなきゃ、限界、ん

「あ~~~、闇魔法で再生しないようにすればいいんだ、数年前に終わったが、好きな漫画のキャラがやってた、正確に言えば次元斬ってんだが、あれのようにやれば、ぶっつけ本番上等だ、やってやるぜ」

剣に闇を纏わせて、相手の傷口に入り込み再生を止めるイメージで、

「くらえ、闇再生斬り」

そう、言って放った剣は、相手の右足に食い込む、切り飛ばした。

そのまま、ビッグゾンビは態勢を崩して倒れこんだ、そのスキをついて、首を跳ね飛ばした。

その瞬間、スキルの書1つと魔石が出てきた。

「勝った~~~、良かった、本当に良かった」

「そして、スキルは何が手に入るかな」

スキル再生を獲得しました。

「明らか、強そうなの来た~~~、これで、多少の傷は平気じゃん、どのくらいの効果かはわからないけど、ま、ボスの倒し方もわかったし、ゾンビとボスを交互に狩るか」

6時間後

ボス31体、ゾンビ5104体

スキルの書はボスから4枚、ゾンビか3枚獲得、因みに、内容は

ボス

スキル腐敗魔法を獲得しました。

スキル闇魔法を獲得しました。

スキル肉体強化を獲得しました。

スキル奇声を獲得しました。

ゾンビ

スキル腐敗耐性を獲得しました。

スキル肉体再生を獲得しました。

スキル異臭耐性を獲得しました。

後、魔石の値段は変わらなくて、51040円だった。

――――――――――
スキル

闇魔法5 魔力強化1 骨太2 打撃耐性2 身体強化3 精神強化3 骨強化2 状態異常耐性1 骨再生1 肉体再生1 再生1 肉体強化1 腐敗魔法1 奇声1 腐敗耐性1 異臭耐性1

「現実世界に出来たダンジョンで気がついたら最強になっていた戦闘強の話」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く