催眠術師は眠りたい ~洗脳されなかった俺は、クラスメイトを見捨ててまったりします~

山田 武

現場に行こう



「……うわっ、凄いことになってるな」

 マチスとメィシィの反応がある場所へ向かえば──そこには血溜まりが存在した。
 転がる死体は合計四つ、なんだか変な実験の跡がある人工聖人っぽいのもいる。

「主、お疲れ様でございます」

「結構簡単だったし、労う必要も無いさ。それよりも──あれは独りでやってたのか?」

「はい、いくつかの取り込みも行えていましたので、新たなスキルも芽生えたかと」

「そこはどうでもよかったが……まあ、生き残る術が増えたみたいで何よりだ」

 俺の施した力により、メィシィは死者の能力を扱うことができる。
 いくつか制限があるので発動は難しいのだが、人工聖人たちの魂は取り込めたようだ。

 逆に、復讐対象となる研究者は魂をズタボロにしてあるな。
 特に便利なスキルを持っているわけでもなさそうだし、実験材料にしておくか。

「あっ、イムさん!」

 俺に気づき、パァッと明るい声で話しかけてくるメィシィ。
 ただ、体中に血がベットリと張り付き、猟奇的に見えるのは気のせいだろうか。

「メィシィ、とりあえず血を拭っとけ」

「あっ、はい。──“清浄クリーン”」

 魔法を使うと、魔力によって血は一瞬でどこかへ霧散する。
 地面に落ちるわけでも蒸発するわけでもなく、消え去ったのだ。

 ……魔法の研究、する必要があるのかな?
 それならすぐに、依頼しておこうか。

「イムさん、やりました! みんなの仇、見事討てましたよ!」

「そうか……おめでとうだな。復讐を遂げたお前はもう空っぽ。死者たちの無念も晴れただろ?」

「はい。ですのでイムさん、お願いしたいことが……」

「ああ、分かっているさ。マチス、例の物を頼む」

 そう指示すると、マチスは小さな袋をメィシィに放り投げた。
 彼女はポトッと手の上に載ったそれを開いて、中を覗いてみる。

「……これは?」

「アイテムボックス……って言っても分からないか。空間魔法で収納量を拡張した魔道具だ。大量に金を入れてあるから、好きに使ってくれ」

「えっ? いや、あの……その……」

「試作型とはいえ、いくつか魔道具も入れておいた。金が使えない時のために宝石とかも入れてあるから、まあ死ぬまで苦労はしないと思う──」

「ま、待ってください!」

 説明の最中で止められてしまった。
 マチスのこめかみがヒクヒクしているが、半ば俺も理解していたので抑えておく。

「わ、私は! イムさんに今後お仕えしたいです! これを受け取っておさらば、なんて嫌ですよ!」

「……本気か? てっきりもっと別のことを言われると思ったんだが」

 自分をこの状態で生みだした責任を取れ、とかそんな感じのセリフを言われると予想していたんだが……あれ、仕えたいの?

「マチス、どう思う?」

「実力はまだ未熟なものですが、可能性ならばかなりあるでしょう。彼女は元は人間……人は魔に属する者とは異なり、驕ることなく行きますので」

「……導士で導きやすいと」

「すでに導かれておりますよね?」

 うん、リストに記されている。
 しかも、メィシィに内包された魂すべてが記されているから、なおのことビックリだ。

「導士として、新たな力に目覚めさせてくれた礼もある……まあ、いいだろう」

「本当ですか!?」

「だが、傍においてほしいというのは無理だからな。とっくに従者は足りている」

「構いません。イムさんの近くに居られるなら、それで充分です」

 奇特な子だな。
 洗脳はしたが、悪影響を与えるようなことはしてないはずだった。

 復讐が終わって、進むのを止めたからか?
 停滞した者は、【停導士】に導かれる運命にあるからな。

「ふーん……マチス、仕事あったっけ?」

「いくつかございますが、今のこの者では力量不足のものばかりです」

「な、なんでもやります! ですので、やらせてください!」

 両拳をギュっと握って懇願するメィシィ。

 ああ、大丈夫だから。
 一度受け入れたからには、しっかりと世話するよ。

「……まあ、本人がそういうみたいだし、とりあえず力を蓄えてからだな。じゃあもしものヤツ、用意はできているか?」

「試作段階でしたが……たしかに、若干の不安はありますが使えますね」

「よし、ならそこを使おうか。マチス、ここにもう用は無い。俺直々に後片付けをしておくから、お前はメィシィを連れて例の場所へ行ってくれ。そこで、メィシィがお前に傷を付けられるようになるまで修業もな」

 魔龍であるマチスに傷を付けられれば、立派に勇者級であると認定できる。
 そこまでいけば、面倒事を任せられるようになるだろう。

「はい、畏まりました。主もお気をつけて」

「い、イムさん……」

「お前が俺に何を懐くか……頭が悪いし、考えるのが面倒だからよく分からない。けど、何かを貫くことって大事だと思うぞ。俺も面倒事は嫌だって貫き通した結果──こうして頼れる者に逢えたんだ」

 俺の腕となり足となる者たち。
 地球では決して縁の無い存在だったが、この世界で見つけることができた。

 まあ、別に完全な道具扱いをするわけではないし、できるだけ友好的な関係を貫いておきたい。

「また会おう。悪いがこのままじゃ──導きに呑まれたままじゃすぐに死ぬ。だから強くなって、制御してから再会しよう」

「……よく分かりませんが、強くなったらまた会えるんですね」

「ああ、そこのマチスが認めたらな」

「──分かりました! もう一度会えた時、絶対に話を聞いてくださいね!」

「ん? まあ、別に良いけど」

 それを聞くと納得したのか、メィシィはマチスに連れられてとある場所に向かった。
 神聖国観光もそろそろ終わり時、フィナーレはどうしよっかな?


「催眠術師は眠りたい ~洗脳されなかった俺は、クラスメイトを見捨ててまったりします~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く