催眠術師は眠りたい ~洗脳されなかった俺は、クラスメイトを見捨ててまったりします~

山田 武

別の国へと出向しよう


いちおう新章です
===============================


「はぁ……面倒だなー」

 とある森の中、一人の男が気怠げに呟く。
 いやまあ、それは俺なんだけどな。

 適当に矢を番え、弓を射る。
 放たれた矢が遠くで群れを成していた魔物全てに命中して死に絶える……ずっとこんなことばっかりしているだけの流れ作業。

 そりゃあやる気も失せるわけだ。

「せめて、他のヤツらがいてくれれば楽をできたのかもしれないのに」

 俺以外のクラスメイトは周囲に存在せず、俺独りのみが狩りを行っている。
 そう、ここにクラスメイトは誰一人としていないのだ。

 いったい、どうしてそんな状況になったのか……それは、少し時間を遡ってみればすぐに理解できてしまうことだ。

  □   ◆  過 去  ◆   □

「──勇者殿たちには、別の国の守護を頼みたいのだ」


 ダンジョン攻略も着々と進み、クラスメイトのスキルも豊富になっていたある日――王様が俺たちにそう告げた。

 この後も説明が続くのだが、お偉い様の話が長いのは定番なので省かせてもらおう。
 ……端的に言えば、防衛を称した戦力の誇示であろうか。

 勇者を派遣して、その威光を魅せつける。
 そうすれば、この国に逆らえる国はかなり減るだろう。

 この国に引き籠もりたいヤツにとっては、ありがたいイベントだな。

 まあ、当然諸国も黙って見過すわけではないだろうけど。
 たぶんハニートラップでも仕掛けて、勇者の獲得に励むんじゃないか?

 みんな初期に精神操作をされてるから、この国を見捨てることはできないだろうけど。

 もしこの国から抜けようとするヤツがいるなら……そういった指示を予め仕込まれたヤツか“真理誘導”の影響外のヤツか?

 前者なら別にどうでも良いのだが……後者は面倒だな。
 そういうヤツもまた、主人公の器ってヤツだろうし。

「全員……で、ですか?」

「うむ。皆さま全員のお力を、他の国のためにお貸して欲しいのです」

「分かりました。僕たちにお任せください!」

 ――などと、勝手にユウキが引き受けたため……俺までもが、この依頼に駆り出される羽目になった。

  □   ◆  現 在  ◆   □

「……いやはや、これじゃあこれ以上コピーできなくなるだろうが」

 俺が担当している国は、最初に居た国の近くにある国だ……名前、なんだっけ?
 その国の王から魔物退治の依頼を受けて、俺はちょくちょくそれを行っている。

 残念なことに、冒険者ギルドと呼ばれる王道の場所には未だに立ち寄れておらず、ギルドカードもランクも持っていない。

「けど、いつかそうした登録も行えれば……あっ、ダメだな──いろいろとバレる」

 ギルドの本部で周り全てに細工をしてから登録しないと、お偉い方に俺をスキルがバレてしまうではないか。

 ギルドってギルドカードの情報を抽出ができるって設定の話も多かったし、そこら辺もしっかりと確認しておかなければいけない。

「この国のダンジョンの使用許可は貰えてるし、別に良いんだけどな」

 マチスの主力──助力の逆──もあったので、『王家の迷宮』は既に攻略済みである。
 そこで面白い物を見つけたこともあり、今の俺はダンジョン攻略にだいぶ乗り気だ。

 そのため、偶々国にいくつかダンジョンがあると聞いて自由な散策の許可を入手済み。

 どうやらギルドによって管理されるような浅いダンジョンのようなのだが、手間が掛かるダンジョンに潜る面倒条件をスルーできたのは……正に僥倖ラッキーと言えるな。

「さて、帰りますか」

 矢に貫かれて絶命した大量の魔物の死骸を仕舞い、城へと帰還するのであった。

  ◆   □  自 室  □   ◆

「さて、今日は何をしようかな~。あっ、観てみるのも良いかも」

 さすがに一人で孤立無援、俺も対策の一つや二つ行っている。

 ──その中の一つが、条件を満たした者との視覚共有だ。

 本来は従魔としかできない、召喚魔法スキルや調教系のスキルから派生するスキルだ。

 しかし、催眠ってチートなんだろうな。
 世界にでも催眠に施したのか──従魔以外でであろうと、俺と関わった者ならば共有できるようになっている。

「一気に観れば、あとで纏められるから……やっぱり、そうするべきなのか?」

 クラスメイトのダンジョンを通して成長したスキルをコピーしていたら、そうした同時処理に必要なスキルがいくつか手に入った。

 詳細は面倒なのでまた別の時にするが、一つだけ言えるのは……『唯一』って、どういう意味なんだろうなってことだな。

 まあ、そんなスキルを手に入れたので、同時にいろんな情報を認識できるわけだ。
 優秀なクラスメイトがいてくれて、俺は嬉しいよ。

 お蔭様で、俺はスローライフ(意味深)はより成功に近付いて行っている。

「しかも、まだまだそのスキルは成長する可能性を秘めている……まあ、嬉しいったらありゃしないよ」

 自分は努力しなくても、周りが勝手に頑張るだけで俺はスキルをコピーできる。

 もっと寄生できたら良かったんだが、今はスキルをそうできるだけで、普通は満足するべきなのか?

「まっ、今は寝ることを考えるだけだな」

 元の部屋よりは質の劣ったベット……そんな物は片付け、自分の作り上げたベットを取り出して設置する。

 いやー、生産系のスキルもコピーして作っちゃったよ。

「──んじゃあ、『傍観』と『おやすみ』」

 キーワードを使い、俺は今日一日を終わらせるのであった。


「催眠術師は眠りたい ~洗脳されなかった俺は、クラスメイトを見捨ててまったりします~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く