催眠術師は眠りたい ~洗脳されなかった俺は、クラスメイトを見捨ててまったりします~

山田 武

限界を突破しよう



 次はこれかな? だいぶ気になるし──

---------------------------------------------------------
獲得称号:『眠り王子』OFF

自身の夢を完全に意識下にした者へ贈られる称号
精神や記憶に関わるスキルの性能が向上する
---------------------------------------------------------

 俺は王子ってキャラじゃないんだけどな。
 明晰夢を見れたら、この称号が貰えるということか? ……だとしたら、結構簡単なスキルみたいだな。

 でもまあ、効果は有能だ。
 まさに俺用のスキル補正を兼ね揃えているし、今のところのセット候補第一位だ。

 それでも……見ると言ったからにはこっちも責任を取ってみないといけないよな──

---------------------------------------------------------
獲得称号:『限界を超えし者』ON(特殊)

限界突破系のスキルを習得し、何らかの壁を乗り越えたであろう者へ贈られる称号
所持している限界突破系のスキルの数だけ一日にn回、スキルを効果以上の性能で使用可能となる(日を跨ぐとリセットされる)

[使用時、本来消費するコストの二乗分コストを支払わなければならない]
---------------------------------------------------------

 ユウキって……そんな称号持ってたのか。【勇者】補正って半端ないんだな、おい。

 強い能力であればあるほど、消費コストも半端なくなるようだが……ユウキのステータスから察するに、成長に合わせてMPの方も膨大になっていくので問題ないのだろう。

 限界突破系、と記述されているのでまだまだ派生があることが分かる……【勇者】ってチートすぎるだろ。

 しかし俺の場合、どのスキルにこの称号を使えば良いのだろうか?
 このままだと、鑑定か解晰夢スキルにしか使えないだろう……催眠魔法を強化する必要が、今のところは見当たらないし。

「……『ON(特殊)』って何なんだ?」

 調べてみたらすぐに分かった。
 どうやら『(特殊)』は、起動数の制限とは別で起動ができる──サービス称号についているみたいだ。

 他の称号を見ると、他に『ON(特殊)』と記された称号も見つけたし、たぶん間違いないだろう。
 そしてそれらが、無自覚の異世界人強化に繋がっているんだろうな。

 ちなみにこんな感じである──

---------------------------------------------------------
獲得称号:『召喚されし異界の魂』ON(特殊)

異界より招かれた者に贈られる称号
スキル(言語理解)(鑑定)を習得する
また、■の質が向上する
---------------------------------------------------------

 ──■の部分は分からなかったが、必要な部分は確認できた。
 しかしと言うかやっぱりと言うべきか……言語理解と鑑定スキルは特典だったようだ。

「……面倒だし、考えるのはもう良いか。それより、試してみるのが一番だな」

 さて、ここらが本番──称号『限界を超えし者』を強く意識しながら、とあるスキルを発動させる。

  ◆   □  睡 眠  □   ◆

 ──いうわけで、再び夢の世界だ。
 称号『眠り王子』を起動した状態で、『限界を超えし者』と限界突破スキルを使用して使ってみたのは──解析夢スキルだ。

 鑑定スキルでも良かったのだが、こっちの方が寝ていられるし。

 だがしかし、特にやりたいこととかは特に無いのである。
 記憶にある物を夢の中に登場させることもできるが、やってもあんまり意味ないし。

 せめてメニューが出てくr(ポンッ)……暇潰しはできそうだな。



 メニュー内に内包されたシステムも、ある程度把握して暇になってしまった。
 なので今度は、あの精神干渉魔法についての調査を始めることにする。

 スキルに大幅な補正も掛かってるし、じっくりと時間を掛ければ詳細も分かる……と、思っていたのだが──

---------------------------------------------------------
魔法名:真理誘導

属性:精神 系統:干渉魔法 階級:儀式級 
最低消費コスト:MP1000
発動対象:種族『異世界人』

魔法の影響下に入った者の思考を著しく低下させ、発動者の有利な考え方へと誘導する
この効果は永続し、何らかの方法で解除されるまでそのままである

〔簡単な解除方法として、■くことが挙げられる。思考よりその上位、運命を■くのだから当然である byとある賢者〕

>魔法の解析率が100%に達しました
→スキルとして習得しますか?

     〔YES〕/〔NO〕
---------------------------------------------------------

 割とあっさりできてしまった……しかも、スキル習得選択というおまけ付きで。

 ──賢者って誰だろうな。

 俺がこの説明文を見て思ったのは、それぐらいである。

 別に俺が巻き込まれない魔法なら、好きにやってくれて構わない。
 大切なのは俺自身の安心であって、クラスメイトがたとえどうなったとしても……別に問題は無いんだし。

 ……あっ、スキルは習得で頼む。
 ただし、バレないようにできるならそれもセットで。

(つまり〔YES〕をよろしく)

  □   ◆   □   ◆   □

>〔YES〕が指定されました
→これより、“真理誘導”の詳細を再解析・アレンジ・改良が実行されます

>少し時間と処理能力が必要となります
>確実性を求める場合──【停導士】様にはいったん意識を遮断することを推奨します
→承認致しますか?

     〔YES〕/〔NO〕

>〔YES〕が指定されました
→これより、スキル最適化作業に移らせていただきます

  □   ◆   □   ◆   □

 めのまえが まっくらに なった


「催眠術師は眠りたい ~洗脳されなかった俺は、クラスメイトを見捨ててまったりします~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く