二度目の人生でチート使いまくります。

コロナ

34話 学園に入学して、、、

その日の内に「特待生で入学すること、新入生代表の言葉を述べること。」という内容の手紙(そんな短くないけど)が学園から届いた。

そして、家族だけの小規模パーティもやった。
その夜に新入生代表の言葉も必死に考えた。
ルーシェも手伝ってくれたから、きっと大丈夫だろうと思い、その夜は寝た。

次の日は休みだったから、学園に行く準備をした。
学園の生徒は基本的に寮で暮らすから、荷物をまとめないといけないのだが、俺は元々荷物が少ないのと、アイテムボックスがあるから楽だった。

その次の日に入学式があり、順調に進み、クラス分けもした。

1年でも上からS→A→B→C→Dの5つのクラスがある。
このクラスは試験結果から分けられる。

俺は試験結果が満点だったから、Sクラスになった。
Sクラスはテストの点が良かったら残れるクラスだから、授業は出ても出なくても良いクラスだ。

入学したから、ダンジョンにいけるはずだが、初等部では入れないようだ。
中等部で入れるらしい。

そんな感じで授業して、図書室篭って色んな魔法や知識を頭に詰め込んだ。
そのまま初等部は平和に終わり、俺は首席の座を譲らずに中等部に入った。

初等部は小学校、中等部は中学校という意味だ。
因みに高校は高等部と言う。

中等部に入り、早速俺はダンジョンに行った。
初等部の時に友達になった、セレナとルークとレアナと一緒に入った。

学校にあるダンジョンは50層まであるから、最終目標はもちろん50層だ。

ダンジョンに潜り、勉強し、学んだ魔法をスキル化したりと忙しいながらに楽しい中等部を過ごした俺は首席のまま高等部に入った。

高等部に入る頃にはダンジョンは最下層に到達していた。
第2回目もそう遠くないかもしれない。

高等部では、体育祭ならぬ剣魔術祭があり、それに出場しなければならない。
他の国からも同じ高等部の生徒がこの祭りに来るそうだ。

この国の闘技場が1番広く、1番安全だといわれているから、他の国の生徒や他の学園の生徒はこの学園に来なければならないのだそうだ。

だが、足を運ぶ価値はある。
何故なら、祭りはトーナメント方式なのだが、それの最終トーナメント戦には国王自ら来るのだとか。

国王に認められれば、王城専属の何かになれる可能性がある。
そうなれば、一気に出世する為、学生も親御さんも色めき立っている訳だ。

1年では出ないが、2年から出る為、今から猛特訓をするやつがめちゃくちゃいる。
そして、俺もその中の1人だ。

普段から特訓はしているが、いつもより気合いは入っている。
理由は父と国王から「大金を賭けてもらったよ!アルスなら勝てると思ってるからね!」と言われたからだ。

父は兎も角、国王から言われたらやるしかない!
ともう本当に死ぬ気で頑張った。

だが、1年は平和に過ごせるだろうと思っていた。
それがまさかあんな事になるとは思わなかった。
そしてその事により、俺の羞恥心が爆発寸前になる事も。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうも!こんにちはこんばんは!コロナです!
いや〜〜!!どうもお待たせしました!!
名前考えるのがこんなに大変だとは、、、文章もどうしようかと考えに考えましたよ!
あれ?ファン数減ってない?まさかねぇ!?
、、、気のせいだよねぇ?なはは、、、。
頑張りますのでファン辞めないでください!
お願いします(´;ω;`)

「二度目の人生でチート使いまくります。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く