二度目の人生でチート使いまくります。

コロナ

32話 学園から帰って、、、

家に帰るとメイドのジェニカとペットでフェンリルのジョバリと母さんが出迎えてくれた。

「おかえりなさいませ、坊ちゃん。」

「おかえりなさい、アルス!」

「わん!」

そう言いながらジョバリは飛びつき、、、それに母さんが一緒に来たのは何故だろうか。

「アルスぅ!!どうだったぁ?」

そう言いながら頬をスリスリしてくる母さん、、、まだ5時間くらいしか離れてないけど。

「きゃうんくぅーん」

そう鳴きながら、俺を見上げるジョバリ。
2人、、、いや1人と1匹、寂しがり屋かよ、、、。

「大丈夫だと思うよ、母さん。ジョバリ、良い子にしてたか?よしよしよし!」

そう言いながらジョバリをわしゃわしゃした。
もふもふって癒される、、、。

「そう、、、良かったわ。」

そう言いながら、やっと離れてくれた母さん。

「友達、出来そう?」

そう聞いてくる母さんは過保護か心配性なのだろうか、、、。
まあ、分からなくもないが、、、いや分からないわ。

「さぁ、どうでしょうね?まだ入学してもないので。」

入学してもないのに友達とか出来る人いんのかなぁ、、、いそうだなぁ、、、。

「アルスなら入学出来るわよ!あ!お昼食べてないわよね!お腹空いてるでしょ?食べましょ!」

そう言いながら、俺の手を掴んでちょっと早歩きで食堂に向かう。
俺、歩けるんだけどなぁ、、、。

「さ!食べましょ!食べましょ!」

そう言いながら、掴んでいた手を放して食堂の扉を開けた。
中に入ると食堂には食べ物が並んでいた。
そして俺は母さんの後に席についた。

「お父さんはもう食べたから、私達だけなのよぉ〜!ごめんなさいね?」

何故謝るんだろう、、、それより母さん食べてなかったんだな。
もしかして待っててくれたのかな?
なんか申し訳ないな。

「待ってくださって、ありがとうございます。謝らないでください。父さんは忙しいので、仕方ないですよ!」

そう言い、微笑むと何故か母さんが眉を下げた。
が、それも一瞬の事でパッと微笑んだ。

「そうね!では、いただきます!」

「いただきます!」

母さんと俺はそう言い、食事を始めた。
雑談しながら食事を進め、食事が終わって、食後の挨拶をした俺は口を開いた。

「それだは、今日はちょっと疲れたので、僕は自室で休んでます。」

俺がそう言うと、にこやかにしながら頷いてくれた。

「そうね!疲れたわよね!しっかり休んできてらっしゃいね!」

母さんから許可を貰った俺は自室に向かった。

自室に入り、湯浴みをしてないし、行儀が悪い事も知っているが、そのまま布団にダイブした。

「はぁ〜〜〜〜〜!疲れたぁぁぁぁぁ!!」

とゴロゴロしてると扉の方から鳴き声が聞こえた。

「くぅぅ〜ん!くぅぅ〜ん!きゃぁん!」

ジョバリの声だ。
そう言えば、忘れていた。

「ごめんごめん。ほら、おいで。」

謝りながら扉を開けるて、手を広げると飛び込んできた。

「よしよし!一緒にゴロゴロしようね!」

そう言って、ベッドに移動して、膝の上にジョバリを乗せて撫でてると

『マスター。只今戻りました。』

という声が聞こえた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうも!こんにちはこんばんは!コロナです!
お久しぶりです!テストが終わって、余裕が出てきたんで、また投稿を始めようと思います!
と言っても、皆さんにとっては「あいつまた期間開けてるよ、、、」って感じなのでしょうね!
お気に入り登録、ありがとうございます!
300行くとは驚きですね!
これからも宜しくお願いします!

「二度目の人生でチート使いまくります。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く