二度目の人生でチート使いまくります。

コロナ

30話 学園に向けて、、、

俺は今年で10歳になった。
10歳になった俺のステータスはこんな感じになっている。

【ステータス】
・名前:アルス・テギシュ(佐藤 隆二)

・種族:人間族

・年齢:10歳(47歳)

・二つ名:神子・魔物狩り

・ジョブ:無し

・レベル:68

・ジョブ履歴:無し

・能力値

生命力:201000(+1000)

魔力 :100,001,200(+1000)

力  :121000(+1000)

敏捷 :181000(+1000)

体力 :241000(+1000)

知力 :171000(+1000)

・スキル
生活魔法・火魔法❲8❳・水魔法〔7〕・雷魔法〔7〕・光魔法〔6〕・治癒魔法〔4〕・闇魔法〔2〕・風操術・武術(剣術・槍術・弓術・体術)〔5〕

・固有スキル
魔力向上❲10❳・経験値二倍〔2〕・全魔法適正〔10〕・創造魔法〔10〕・空間アイテムボックス〈時間停止・無限・自動解体〉〔10〕・全言語理解・全剣技適正〔10〕

・称号
(転生者)・神に愛されし子・ジョバリの主

・加護
創造神の加護・武神の加護・魔法神の加護・邪神の加護・大地神の加護・時空神の加護

、、、うん、言いたいことは分かるよ?
俺もね?なんだこりゃ!?って叫んだよ?

さて、現実逃避はここまでにして、まずはレベルアップからだろう。
(二つ名は勘弁してくれ)

父さんに頼まれた魔物討伐で一気にレベルが上がり、それからもコツコツと魔物を狩ってたからレベルがやばい程上がってる。

それに伴って能力全体が上がってるだろう。
各能力最大値化のせいでもある。
因みに各能力最大値化は下の通りだ。

【各能力最大値化】
各能力が得られる経験値を通常の倍にする。

これがあるからめちゃくちゃ上がった。
そして、そのスキルが上位のものになったのが新しく追加された経験値二倍である。

【経験値二倍】
その名の通り経県値が通常の2倍にする。

だ、そうだ。
2倍って可笑しいよなぁ、、、まあそのお陰でステータスがめっちゃ上がったんだけどな!

と、思ってたら身体が浮いた。
、、、は?って思った?
いや、俺今馬車の中なんだよな。

考え事してたから急な揺れに身体が浮いちゃったみたいだな。
だが、天井に打ち付ける前に無事席に着地出来た。

俺は今学園に向かっている。
入学試験を行う為だ。

学園は小、中、高を合わせた、合同学園となっているから、試験は入学試験のみだ。
勿論、定期的にテストがあり、それに合格出来なければ所謂留年になる。

『ガタッ』

おっと!
急に止まるから驚いたじゃないか。
馬車の悪いとこだよな。
尻とか腰とかバッキバキになるし。

「着きました。どうぞ、お気をつけて。」

そう言ってドアを開けたのは御者だ。
どうやら学園に着いたようだな。

よし、それじゃ頑張ってって言ったってもうこの世界で言うとこの高校レベルまで頭に叩き込んだからな。
多分大丈夫だろう。

「ありがとう。行ってきます。」

そう御者に返事をし、俺は学園内に向かって歩き出したのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうも!こんちにはこんばんは!コロナです!
お待たせしました!気がついたらまたファンが増えていましたぁー(泣)
みなさん本当にありがとうございます!
これからも頑張ります!
あ!それからステータスを頑張って改良しました!
良いんじゃない?って思った人はハートを押してってください!

「二度目の人生でチート使いまくります。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー375831

    1年経って流行するとは…

    1
コメントを書く