二度目の人生でチート使いまくります。

コロナ

29話 晩御飯で、、、

あれから俺はその剣に布を巻き付け、腰に付けた。

「よし!そろそろ晩飯の時間だ!お母さんにも見せてあげなさい!」

あれ?母さん知らないの?
というか、これ危ないよなぁ。
とりあえず、仮でも良いから鞘を見繕ってもらおう。

「はい。では僕は失礼します。晩御飯でまた会いましょう。」

「あ、ああ。なんかあるのか?」

ん?あ、用事無いし、、、。
一緒に行けば良いんじゃ?

「そうですね、、、何も無いので一緒に行きましょうか?」

一応聞いてみるけど、、、向かう場所一緒だし、
道も一緒だし、嫌でも一緒に行くことになるんだけどね。

「う、うむ。では一緒に向かおうか。」

え?何?
なんかすっごい微妙な反応された。
ま、良い、、、のか?

「では行きましょうか、父さん。」

「うむ、そうだな。」

そう言って立ち上がったのを横目で確認し、俺は扉を開けた。

「ありがとう、アルス。」

嬉しそうな、寂しそうな顔をしながら父さんは扉を潜った。
そして、俺達は時々話をしつつ食卓に向かった。
こんなに父さんと話したのは初めてかもしれない。

しみじみとそんな事を考えながら歩いていたら食卓に着いたみたいだ。
父さんを先に入れ、俺も後に続いた。

「あら、アルス。遅かったわね。何してたの?」

そんな事を母さんは優しく微笑みながら俺に聞いた。

「父さんとお話をしてました。その時にこれを貰ったんですよ。」

俺はそう言い、剣を母さんに見せた。

「あらあら、まあまあ。それは呪いの剣ではないですか?ふふ、よく懐かせましたね。」

母さんは知っていたのか。
それにしても、母さんは驚かないなぁ。
それを母さんに聞いて「だってアルスだもの。」とクスクス笑いながら言われたのはまた別の話。
 
「ええ、そうなんですよ。なかなか良い剣です。」

手に馴染むし、この大きさなら小回りや使い勝手も良さそうだしな。
本当になかなかに良い剣を貰った。

「そうですか。良かったですね。嬉しいのは分かりますが、立ち話もあれなので早く席に座りなさい?」 

そう言われて今更のように立っていたのを思い出し、浮かれてた自分にちょっと恥ずかしくなった。
赤面しながら俺は席に座り、皆が座ったか父さんは確認し、こう言った。

「じゃ、食べるか。いただきます。」

「「いただきます。」」

この挨拶は元々無かったんだが、俺が癖で言っていたら父さんや母さんも真似し始めたのだ。

「そういえばアルス?そろそろ10歳になるから学園に行く準備をしときなさいね?服は用意しといてあげるから。」

あ、そういえばそうだったな。
友達とか作れたら良いけど、、、。

「分かりました。ありがとうございます、母さん。」

そういえば、この世界の学園には迷宮があるらしい。

まあ、どこの学園でもそうかって言うと違うが、俺が通うところは迷宮がある。
勿論資格みたいなのは要るらしいがな。
結構楽しみだったりする。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうも!こんにちはこんばんは!コロナです!
皆さんのお陰でお気に入り登録者数200人超えましたね!!ありがとうございます!!
これからも頑張っていきますんで、よろしくお願いいたします!

「二度目の人生でチート使いまくります。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く