二度目の人生でチート使いまくります。

コロナ

25話① ギルドで、、、

俺は今、揺れる馬車の中にいた。

「アルス、大丈夫か?」

「はい。大丈夫です。父さん。」

「そうか。」

そう。俺は今、街に向かっている。
そこで降ろしてもらうことになっている。
俺がこの街を自由に歩き回りたいという我儘を聞いてくれたのだ。
ジョバリは空間に入ってもらっている。

「では父さん、気をつけて。」

「お前がな。あまり目立つ事すんなよ?」

「はい。」

そう俺が言うと、父さんは馬車を動かした。
街に俺も向かうことにした。
入るためには、金か身分証明書が必要だが、父さんに金をもらってる。
その他に何か欲しいものがあれば買えと余分にもらっている。
これだけあれば困らないだろう。

「おい。付き添いの者はいるのか?」

そう門番に聞かれた。どうやら、ぼーっとしてたようだ。

「いいえ、僕1人です。」

「子供が1人だと危ないぞ。親と来なさい。」

「それがですね。お父さんとお母さんが僕をおいて先に行ってしまいまして、、、。
まあ、寝過ごした僕が悪いのですが、、、。
ということで、通してくれませんか?お金はあります。これで通れると聞きました。」

「、、、分かった。そういうことなら通そう。その前にこれに手をかざしてほしい。」

そう言うと、水晶みたいなやつを取り出してきた。言われた通り手をかざしてみると、水晶みたいなやつが青く光った。
それを見ると門番の人は

「よし、大丈夫だな。入って良いぞ。入る前に金は払えよ?」

と言った。
青色というのは何かあるのだろうか、、、。
そんなことを考えながら俺は金を門番の人に渡した。
これで街に入れるはず。

この街はグラジリアーナという。
王都から少し離れているが、充分発展している街だ。

「おぉー!」

俺は感動した。
想像してたのより街が綺麗だったからだ。

家は構造が似てることは似ているが、1個1個にオリジナリティがある。

道は綺麗なレンガが使われている。
色がついてて、本当に綺麗だ。

ただ、こういうのは1本裏道に入ると、、、。
やっぱりな。
怪我をして冒険者のままではいられなくて、金が稼げない者、親が死んだか捨てられた子供、つまりはスラムだ。
ここはとりあえず良いか。

大通りは人通りが多く、活気に満ち溢れていた。

「とりあえず、ギルドに行くか。」

ギルドはこの街にもある。
結構大きいと聞いた。
地図ないかなぁ。場所わからん。

、、、、、、、
、、、、
、、

ここがギルド(冒険者組合)か。
確かに大きい。周りの建物と比べると尚更大きく見える。
ここで今まで狩ってきた魔物の魔石が売れるはずだ。

自分より全然大きいドアを開けて中に入った。
周りから視線が一気に自分に向く。
俺はそれを気にせず、換金所と書かれたところに向かう。

「すみません。換金したいんですけど。」

「では、ギルドカードはお持ちですか?」

こんな子供にも笑顔で対応するとは、流石。

「いえ、持っておりません。」

「ギルドカードを持っていないと手数料がかかりますが、よろしいですか?」

「はい。大丈夫です。」

「では、ここに出して頂けますか?」

え?ここに出すの?、、、足りなくね?

「ええと、ここだけ、でしょうか?どう考えても足りないと思うのですが、、、。」

「、、、嘘は言わない方が良いですよ。子供1人が魔物を狩れる訳ないのに、魔石がそんな大量にあるとは思えません。どうせ、親のお金、なんでしょ?」

あぁ、やっぱり?
テンプレ回収お疲れ様、自分。

「いえいえ、僕は自分でやりましたよ。全部。」

「そんな訳ないでしょ!!」

そう言い、受付の人は机を叩いた。

「、、、失礼しました。本当の事を言いなさい?怒らないから。」

んー、、、困ったなぁ。
こんなとこで時間を潰す訳には、、、。

「とりあえず、魔石を出して。」

「はい。」

言ったからな?
最初に。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうも!こんにちはこんばんは!コロナです!
遅くなり、すみませんでした!
文化祭があるので、それで疲れて投稿せずに寝ちゃいまして。
多分、明後日まで投稿出来ません。
ご了承ください。
また、次回もよろしくお願いします!

「二度目の人生でチート使いまくります。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く