二度目の人生でチート使いまくります。

コロナ

16話 教会で………(第二弾)

俺は無事に帰ってきたのだか……

「ねぇ!?どういう事!?なんであなたがあの方と話していたの!?」

この状況である。
え?どんな状況だよ!?だって?
えっと、両肩を掴まれて頭をブンブン振られている状態。
そろそろ気持ち悪くなってきた。……ウプ。

「これこれ。そこらへんにせんか。ほら、もう魂が抜けかけておるぞ?」

「!?あ、すみません。冷静ではありませんでした。」

「うむ。分かれば良い。だが、君には残ってもらうよ?」

「………はい。分かりました。」

「宜しい。では続きといこうか。次は〜〜〜〜。」

名前は忘れた。

「これで最後だ。未来ある小さき花達よ。諸君等が立派な花になる事を心の底から祈っているよ。」

あ、終わった。
長かったぁ〜。さぁ〜て、帰ろ帰ろ。

「ちょっと待ちなさい!ちゃんと説明して帰って!」

あ、ですよね〜………。

「さてと、で、君は…確か……。」

「アルスと申します。」

「あ、あぁ。そうだったね。で、アルス君。君が神に祈りを捧げた時に巫女である、この子も君と共に倒れたんだ。」

あぁ、あの時倒れたんだ。

「それで?君が見たのは?」

「はい。私は気がついたら白い空間にいました。
そこは神の間と呼ばれているものだと直感で思いました。そこで誰かと誰かが話している声が聞こえたのです。私は恐る恐るその場へ向かいました。
そしたら、この子と我らが神と話していたのです。その中には最高神がいました。」

「え?あの運命を司るという?」

「その通りでございます。」

「なんて事だ…。確認だが、君は我らが神、ルリ様を知っているのか?」

これは嘘をついても意味がないかな……。

「はい、知っています。」

「!?で、君とルリ様はどういった関係なのかな?」

どういった関係?
どういった?どういったかぁ…どういった関係なんだ?あいつと俺。

「本人に聞いてみましょうか。」

「「……え?」」

「俺もそういえばなんかあの人(?)から何も要求されてないので、何が目的なのか聞いとこうと思ったんですが、先程聞くのを忘れてしまったので。」

「えっと…そんな簡単に会えるの?」

「えぇ、多分ですが。」

「………分かりました。行きましょう。」

「え!?行くのか?」

「分かりました。では行きましょう。行きたくなければ行かなければ良いだけですよ。」

「ぐぬぬぬぬ……分かった。行こう。」

「では俺と手を繋いで、輪になるようにして下さい。………では祈り(?)を捧げます。あぁ、俺だけやれば多分平気なので、リラックスして待っていてくださいね。」

神さま〜。会いたいと言っている人達がいましよ〜。俺も会いたいので、来てくださ〜い。

「ん。ここは?」

「2回も会うなんて思いませんでした。」

「「!?」」

「あ、さっきぶりです。神様。」

「あ、え、えっとお久しぶりです。ルリ様。」

「先程はお招きありがとうございました。ルリ様。」

「えぇ、お久しぶりですね。少し老けましたね。
アルス君、お姉ちゃんと呼んでも良いんですよ。」

「いえ、そういう訳にh」

「ね?あと、敬語もやめちゃいましょう。」

「はいはい。分かったよ。お姉ちゃん。」

「ウフフ。そうそう。ま、本当は叔母なんだけどね。」

「え?あ、そうなの?」

「そうだよ〜。あ、だからといって、叔母さんはやめてね。」

「それは分かってるよ。姉ちゃん。」

「おほん!!あの、少し良いですか?」

「ええ、どうぞ?」

「つまり、アルス君はルリ様の親戚だということですか?」

「えぇ、そう言っているでしょう?………あら?どうかしましたか?」

「…い、いえ。なんでもございません。」

「姉ちゃん、なんで俺は……」

俺はその先を言って良いのか正直迷った。
転生者と聞けばどうなるか……。
とか考えてると自称神様が首を横に振った。
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
どうも!こんちにはこんばんは!コロナです!
いやぁ〜、また遅れましたねぇ。えぇ…。
あ、はい、すみません。
今回は長くなってしまい申し訳ないです。
次回も長くなるかもしれません。
今日中に投稿する予定なので宜しくお願いします。
では、次回またお会いしましょう。



「二度目の人生でチート使いまくります。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く