二度目の人生でチート使いまくります。

コロナ

7話 森で出会う、、、

あっさりと隠蔽スキルを取得出来ちゃった。
いや、良いだよ。
良いんだけどさ。
なんか…ね?…ね?
まぁ、助かるけどさ。

とりあえずこれでまずいものは隠すか。
う〜ん…スキルとかも隠した方が良いのかな?
う〜ん…別に良いかな?
良いよね!…よし!
これで、良いかな。


ステータス

名前:アルス・テギシュ
種族:人間
性別:男
年齢:4歳
レベル:10
HP:30000/30146
MP:456420/456420 
スキル:鑑定❲1❳・魔力操作❲1❳
固有スキル
魔力向上❲10❳・各能力最大値化〔10〕・全魔法適正〔10〕・創造魔法〔10〕・空間アイテムボックス(時間停止・無限・自動解体)〔10〕・全言語理解・全剣技適正〔10〕
称号
神に愛されし子
加護
創造神の加護

…あまり変わってないような気がするけど良いよね!…良い…よね?
あ、アイテムボックスあるんだったらビックベアー入れとこ。

よし、もう少し登ったら魔法の練習?実験?をしよう!
それからも何匹か魔物を倒しながら適当に進んでいたら、最適な場所があったから俺はそこを特訓場?にした。

そこは町から少し距離があるから巻き込んむこともないだろ。
そして、結構広々としていて、平らになっている。

俺は一番最初に創りたかった魔法がある。
それがなんだか分かるか?
正解は…ナビゲーションとかいうサポート魔法です!

早速イメージしてみよう。
ナビゲーションのままで良いかな?
なんか長ったらしいなぁ。
アシストとかにしとくか?
う〜ん…そうするか!

[アシスト]
全知全能で、『アシスト』と言ったときか思ったときに発動する魔法。

こんな感じかな?
試運転してみよう。

「アシスト」

『はい。ご主人様。』

お!出来た!
会話は思うだけで出来るのか?
そういえばそこらへんなんも設定してなかったなぁ。
大丈夫かな?

『大丈夫ですよ。ご主人様。』

おぉ!そうかそうか!
良かった。
これからよろしくな!アシスト!

『はい。ご主人様。』

早速お願いがあるんだけど、良いかな?

『はい。何でしょうか?ご主人様。』

その…ご主人様っていう呼び方をやめて。
あと、アシストっていちいち呼ぶのも大変だから名前付けたいんだけど…いいかな?

『はい。マスター。』

うん。あまり変わってないような気がするけど、それで良いか!
名前は…何が良いかな?
なんか名前っぽいものが良いなぁ。

ん〜………ら、り、る、る、ルーシー、ルーシェ…お、ルーシェとか良いんじゃね?
よし、ルーシェにしよう!
次からはルーシェと呼ぶよ!

『分かりました。』

よし、これでアシストシステムは良いだろ。
次は…転移魔法かな。

[転移魔法]
一度行ったことがあるところに転移することが出来る。

こんな感じで良いかな?
これも試運転したいけど、家に帰ってまた来るのも面倒だなぁ。
う〜ん…。

あとでいっか!
とりあえず他にもなんかあるかなぁ。
う〜ん…。
あ!そうだ!

[アイス・ストーム(氷嵐)]
風と氷の合成魔法。
台風のように範囲内を氷が舞う。
範囲は使う場面・場所によって自動修正される。

こういうの憧れてたんだよぉ〜。
早速試さないとな!
アイス・ストーム!

おお!す、すごい!
今回は1メートルぐらいか。
その範囲の木が粉砕してるし、土が抉れてる。

や、やばくない?
やばくないよね!
よし、次次!
これもやってみたかったんだよ!

[ロングセンス]
嗅覚・聴覚・視覚などの五感が研ぎ澄まされる。

これこれ!
アニメでやってて、ずっと想像してたんだよ!
うっひょ〜!
これで1つ夢が叶う!

ロングセンス!

うわ〜!すご〜い!
ん?でもなんだ?
この音と匂いは?
キンキン!って誰かが戦っているような音に…これは…鉄?

違う!血だ!
血の匂いがする!
助けに行かなきゃ!
身体強化!よし、これで早く着くはず…。

景色が飛んでいるようだな。
あとは匂いを辿っていくだけ!
スンスン。
…こっちだ!

あ!いた!
意外と近かったんだな。
すぐに着いたぞ。
二人怪我してるな。

!?オークキングがいるじゃん!
それに対して戦っている人は10人といったところか…。

「助太刀するよ!でも、兵士?の人は少し下がってて!危ないから!」

「…分かった。ありがとう。」
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
どうも!こんにちはこんばんは!コロナです!
遅くなりましたァァァァ!申し訳ございませんでした!!!テストがあったんですよ。これで察してください。とりあえず、終わりました!切が悪く、申し訳がないのですが、まぁ…これも察してください。
コメントお待ちしてま〜す!ブーイングでも構いません!宜しくお願いしま〜す!
最後まで読んで頂きありがとうございました。
また次回でお会いしましょう!

「二度目の人生でチート使いまくります。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く