二度目の人生でチート使いまくります。

コロナ

1話 死んで…………

「…え?ここ…どこ?」

俺、佐藤隆二は普通のサラリーマンだ。
ただ、大手と言れる企業で勤め、良い後輩を持ち、上司にも信頼されている。
あと、彼女がいない。
というか、彼女いない歴37年。

そんな俺は今日久しぶりの休暇で少し買い物しに出掛けていたはずだが、気がついたら真っ白で、だだっ広い無の空間に1人立ってい…ってちょっと待った。

そんな解説してられるか!というか誰に向けて解説してんだ俺は!

分かる事は俺1人という事と何も無い広い空間という事。
情報量少な過ぎじゃね?
という考え事が終わるタイミングを持っていたみたいに、その光は生まれた。

目の前に野球ボールぐらいの小さな光だった。
…最初は。

それがどんどん大きく、明るくなっていく。
あまりの眩しさに腕で顔を覆い、目を瞑った。
光がだんだん収まっていく。

ゆっくりと手をどけ、目を開けた。
とその瞬間、俺はあまりの光景に驚いた。
目の前に女の子が、土下座して、こう言ってきた。

「…誠に申し訳ありませんでした。」

…は?
…いや。そうなるでしょ?
見知らぬ女の子が自分の目の前で土下座して、謝罪をしてるんだよ?

「あの、顔上げてください。状況の説明をお願いします。それと、あなた誰ですか?」

「……はい。分かりました。」

女の子は頭を上げた。その姿を見て俺は思った。

「か、かわいい…。」

いや。あまりのかわいさに声を出してしまった。
その女の子は水色のような髪を持ち、瞳の色は髪の色よりも少し濃い蒼で、それが白いワンピースみたいな服とマッチしている。

「あの、聞いてます?」

「あ!悪い。なんの話しだっけ?」

「…分かりました。では最初から説明します。」

「あぁ。」

「では初めに、私は貴方達の世界で言うところの神という存在あたります。私の名は…ルリと呼んでください。」

「分かった。俺は佐藤隆二。」

「存じ上げておりますよ。本当は佐藤さんではなく、他の人が死ぬ予定だったのです。しかしこちらの手違いで…。」

…なるほど。
俺は死ななくても良い命だった。
と言う訳か。

「…で?俺はこの後どうなるんだ?死んだって事は、あの世に行くのか?」

「…佐藤さんが望むのであれば…。ですが、こちらとしては佐藤さんに、二度目の人生…すなわち転生というものをして頂きたいのです。」

「…なるほど。転生、か。」

転生か。…悪くないかもな。

「はい。そうです。…ですがそれではお詫びにならないのです。」

「…お詫びにならない?」

「はい。私達は可哀相な死に方をした人、例えば事故や若いときに病気で亡くなった人達を転生させてあげる事も仕事なのです。なので佐藤さんには、記憶を持ったままで転生してもらいます。」

「記憶をそのまま転生か。」

「はい。ですが、それだけではありません!好きなスキル、必要だと思うスキルを言ってください。転生時に私が付けときます。」

ふ〜ん。なるほどなぁ。
(ど、どうしたんだ?急に熱く語り出したな。)
ん?待てよ?スキル?
て事は、俺が転生する世界は剣と魔法の世界というやつか…。

「…つまりはチートが使えるわけだな。…分かった。転生しよう。」

「分かりました。では、スキルはどうしましょう?」

「それについてはもう考えてある。え〜と…」

長いのでカッ〜ト!え?なんでかって?
フフフ。それはな…。
俺がスキル名に詳しくないから、いちいちルリに助言をしてもらってたからだ!

…簡単にまとめるとこうなる。↓
1,魔力向上 2,各能力値の最大値化 3,全魔法適性 4,創造魔法 5,時空間アイテムボックス(時間停止・無限・自動解体) 6,全言語理解 7,全剣技適性 

「…これで大丈夫かな。」

…流石に頼み過ぎかな?

「分かりました。では、転生時に付けときますね。では、二度目の人生を楽しんでくださいね!」

「え!あ!ちょ、ちょっと待…うわっ!」

激しい光が俺を包んだ。
流石の俺もダサい声を出してしまった。
…あぁ。ルリちゃんの連絡先を知りたかった。
…トホホ。
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾
どうもこんにちは。コロナです。
初めて書いた小説なので、上手く書けているか不安が残っている中で投稿してみました!(イェーイ!)
なんで投稿したのか?
それはな…私の小説って、面白いのかな?と、思ったからです!
え?単純?うるさいなぁ〜!いいだろ!
…良いよ、ね?
でも、まだ1話…つまりは今作しか出来ておりません!(キリッ!)
…一応私も学生なので、いろいろと忙しいので、1週間に1話投稿出来れば良いと思ってください。
なので、結構投稿が遅くなりますが、是非この作品を読んでくださると光栄です。
では、また次回作でお会いしましょう。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

「二度目の人生でチート使いまくります。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー415979

    名前がコロナか.........

    1
  • tongchang

    人生楽しもー

    7
コメントを書く