最弱属性魔剣士の雷鳴轟く

アイズ

7話 最弱と最強は紙一重?

「ただいま戻りました〜」

「あら、思ったより早かったのね
おかえり」


ガイナと別れて俺はまっすぐ家に帰った。
早くイザベラさんに合格を見せたかったのと、雷属性について聞きたくてかなり早足になってた気がする。


「で、どうだったの?」


心配そうな顔で見てくるイザベラさん。
俺はニヤッと笑って紙を見せる。


「……全部合格じゃない!良かったわね!」

「はい、ありがとうございます
で、イザベラさん……」

「魔術属性ね…………雷かぁ!」


イザベラさんはエリーさんやガイナ達と全く違う反応を見せた。
少し嬉しそうな、それでいてワクワクしたような顔で俺を見る。


「やったわね!」

「やった…?良いんですか?雷
エリーさんやガイナ達は心配するような、残念そうな表情で……」

「エリーさん?ガイナ?誰?」

「あ、エリーさんは今日適性検査と魔術属性判別の時にお世話になった係員の人で、
ガイナは今日できた友達です!あとマナも」

「へぇ!もう友達ができたのね」

「はい!
あ、で 良いんですか?雷」

「もちろんよ!」

「じゃあ何故ガイナ達は?」

「うーん、じゃあ魔術属性について話しておくわね
まず、魔術属性は大きく三つに分けられるの
まず四大基礎属性と呼ばれてる火、水、風、土
そして二大上位属性の光と闇
最後が三大下位属性 雷、泡、砂
この三つは他の属性より弱いとされている
事実泡と砂は確かに他の属性より劣るわ……でも雷は別よ」

「別……?」

「雷が弱い理由は使う側に問題があるの
なんていうか、雷が強すぎるの
雷が強すぎて生半可な魔力量では雷を出すことさえ出来ない
前にも話したけど人間の魔力量は衰退していているからね
だから現代の人は全く使えない上に大量に魔力を使う雷属性を三大下位属性に加えたの」

「……っ! てことは魔力さえあれば……?」

「ええ、その通りよ
普通の人なら手にほんの少しの雷を発生させただけで魔力切れ
でも私はその魔力問題を解決する方法を知ってるわ」

「たしか、人間は持っている魔力の一部しか使えてなくて、身体の奥に眠る魔力をすべて使う方法があるんですよね」

「ええ!膳は急げよ!
行くわよ」

「え、あっ、はい!」






俺達はいつもどおり訓練所に来ていた。


「さて、やり方はさっき説明した通りよ」

「初めて魔力を感じたように魔力を探し出す 色でいうと赤……ですよね
俺、初めて魔力を感じたときに赤い魔力も見たので行けると思います」


俺は目を閉じ魔力を探る。
二回目と言うこともありあっさり赤い魔力を見つけた。
今回は青い魔力に隠れていないという事もその膨大さが伺える。


赤い魔力は青い魔力と量も濃度も桁違いに違う。
これを引っ張り出して自分のものにするのか。
しかし、自分の身体の中にある魔力なのに引っ張り出さないと使えないってのはどういう仕組みなんだろう……
まぁ考えても仕方ない。さっさと引っ張り出すぞ。


なかなかイメージが難しいが、簡単に言うなら真っ暗な空間に俺がいて目の前に膨大な量の赤い煙、魔力がある。
それを俺は引っ張って自分のテリトリーまで持っていくって感じかな。


これが中々難しい。
簡単そうに感じるけど、魔力は暴れるし勝手に違うところに行こうとするから自分の今ある魔力で包んで引っ張らないといけない。
かなりの精神力と集中力が必要だ。
正直かなり辛い。が、この魔力を利用できなければ俺はろくな魔術が使えない。


ここが正念場だ。




それから約一時間後、俺はついに赤い魔力を引っ張り出し利用することに成功した。


「……っ!?………………はぁはぁ」


なんだこれ……この力…すごい……
全身から魔力が溢れだす。


「す、すげぇ、これが」

古代魔力エンシェントエネルギー
ふふ、お疲れ様」

「イザベラさん、この力 凄いですね」

「ええ、現代の人間全員が持っているにも関わらず殆どの人が気づかずに一生を終える
故に古代魔力エンシェントエネルギーなんて呼ばれてるわ」


と苦笑しつつも目はウズウズしてる。


「試してみましょうか」

「ええ!……あ、そういえば魔術の発動法なんて教えてなかったわよね
こんな事は魔術学で教えてもらうんだろうけど先取りね」


と、イザベラさんに魔術基礎を教えてもらう。


「簡単な話、頭で具体的にイメージしながら魔力を込めれば良いわ」

「よし、やってみます」


俺は両手を握りこぶし分間隔をあけ、手のひら同士を向かい合わせにして構える。
手と手の間に小さい稲妻が行き交うイメージをし、魔力を込める。


バチッバチ バチ と稲妻が発生する。


「や、やった!」

「流石ね!
でも攻撃に転換できなければ意味がないわよ」

「まぁ見ててくださいよっと」


ニヤッと笑って俺はさらに魔力を込める。
流石にイザベラさんに当てるわけにはいかないので兵士が訓練に使う藁でできた人型の人形を狙う。


「雷術…………」


バチバチと稲妻が行き交う中に雷が凝縮された玉が現れる。名付けて雷丸。
俺の魔力を凝縮して爆発寸前で抑えられたビー玉サイズの玉だ。
きっとこれをそのままぶつけてもかなりの威力があるんだろうが、俺も巻き込まれるかもしれないから今回は……こうする!!


「……雷砲」


雷丸からレーザーの如く雷が放出される。
雷砲は訓練用の人形に直撃し……訓練用の人形を貫いて更に向こうの地面に着弾。
雷を伴った爆発が起きる。


「………あ、あれ?」


俺の予想では人形に着弾した時点で爆発するはずだったんだけど…………


「すごいじゃない!クロト!
初めてであんな高威力の魔術が使えるなんて……
雷属性って事もあるでしょうけど、本当に恐ろしい子ね……
でもすごいわ!」


とイザベラさんが抱きついてくる。
か、顔に柔らかい感触が……
ふいに疲労感が襲ってくる。
俺はそのまま膝をつく。どうやら魔力を使いすぎたらしい。
それもそのはず雷砲一発打っただけで魔力が半分以上なくなってる。


これは最弱と呼ばれる理由が身にしみてわかったよ。
古代魔力エンシェントエネルギーを持ってしてもこれだけの魔力消費量……死活問題だ。何か対策を考えないとな。


「やっぱり魔力の消費はとんでもないみたいね
今日はもう終わりにしましょ
焦っても仕方ないし、なにより初日にここまで出来るなんて快挙よ
今日はお祝いね♪」


と何故か一人で盛り上がってるイザベラさん。まぁ喜ばれてるんだから嫌な気はしない。


母さん。父さん。ローガン師匠。リック。
俺、強くなってる。
あともう少しだけ待っててくれ。
必ず仇は取る。


俺は空を見上げ心に誓う。


「クロトー?早く!」

「あ、はい!今行きます!」



ーあとがきーーーーーーーーーーーーーー
6話読んでいただきありがとうございます!

ついに最弱属性魔剣士の雷鳴轟くのタイトルの意味がほぼほぼ出ましたね。
ちなみに主人公最強系とはまた違ったものになる予定なのでお楽しみに!



マナティア「どうも〜 6話 最弱と最強は紙一重?読んでいただきありがとうございます!

マナティア・エルネア役のマナティア・エルネアです!

良かったよー!という方は是非是非グッド&フォロー&コメントよろしくお願いします!

ここどうなってるの?わからないー!って方はコメントにて質問してください!

これからも「最弱属性魔剣士の雷鳴轟く」をよろしくお願いします!

またね!」

「最弱属性魔剣士の雷鳴轟く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く