異世界に来たから旅をします。

田中サァン

022 冒険者ギルド


「ここが“サタニア”の冒険者ギルドかぁ」

サタニアの冒険者ギルドは、いかにもラノベとかで想像してたやつって感じの佇まいだった。

冒険者ギルドの中に入った。

「うわぁ…ガラが悪いなぁ…」

と小声で言った。

❝ピクっ❞

「お前、今なんて言った…?」

「い、いえ!何も、言ってません!」

「はぁ?…嘘だな。俺は、地獄耳なんだよ…」

うわぁぁぁ!!!!!ヤバイよ!!ヤバイよ!!
どうすれば良いんだ!
流石に戦うとかそういう事は避けたいんだけどな…

「お前、何て言うんだ……」

「俺は、ゼロと言います…」

「ゼロか…おい、今度から思った事は直ぐに声に出さないようにしろよ…」

「は、はい…」

良い人…なのか?

「後、俺みたいな耳の良い奴に聞かれてたら、お前なんてひとたまりもないぞ…」

「はい…気をつけます…」

なんだかんだで良い人じゃねーか
とりま、依頼受けましょっと!

「この依頼でお願いします…」

「はい、分かりました。」


依頼       回復ポーションの提供
Rankランク         E〜EX
内容       回復ポーションが足らないので、
               《ハイナ院》まで持って来てくだ
                さい。
                ※数は、出来るだけ多い方が良い。
報酬       回復ポーション×1:銅貨×10





銅貨    ×1   10円
銀貨    ×1   1000円              銅貨×100
金貨    ×1   100000円         銅貨×10000         銀貨×100
黒金貨×1   10000000円    銅貨×1000000    銀貨×10000




この依頼は、回復ポーション×1で銅貨10枚か
日本円で言うと1本100円か…安いな
ギルドを出た。

「んー、ポーションを作れる場所が欲しいなぁ…あ、無属性の魔法で空間に部屋を作ろう!」

そう言って、空間に部屋を作った。

「我ながらすごい出来に驚いている…」

まさか本当に出来るだなんて…ねぇ?
あ、そうだ。道具もセットしないと…


------------------------------------------------------------------------------------------------

なんと!「俺、強いかもしれん‪w」のPV750を突破しました!
あ、すいません。少ないデスよね‪w
でも、こんな最底辺の野郎の作品を見ていただけて嬉しいデス★
ま、こんな不定期な投稿してますけれど、これからもよろしく
お願いいたします(´∀`)
良ければ、フォロー&グットをお願いします!

「異世界に来たから旅をします。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く