異世界に来たから旅をします。

田中サァン

020 ギルド


「ギルドって言っても沢山あるな…」

冒険者ギルドに商業ギルド、錬金術ギルドとかがあった。
やっぱ、異世界に来たからには冒険者ギルドに入るっしょ!
俺は、冒険者ギルドの中に入った。

「受付は…え、受付嬢かわえぇ///」

いや、マジで可愛い!!つーか、胸デカっ!
あ、すみませんでした…

「あ…あの、登録したいんですけど…」
「はい、分かりました!」

うわー、胸が…胸がァァァァ!!!!!

「どうかなさいましたか?」
「い、いえ。なんでもありません…」

そりゃー、見てしまうだろうが!男なんだからよ!

「では、こちらにステータスの記入をお願いします。」
「あの…」
「あ、文字が書けないのならば代筆致しますけれど…」
「それは、大丈夫です。これって全部書かないといけないんですか。」
「いえ、最低限に名前を書いてくれれば良いです。必ず、本名マナにしなければならないとかはないですけどね」
「そうですか…」

とりあえず、記入した。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
name:ゼロ(岡野  黎)

Attribute属性:火      水       緑(全属性)
Skillスキル:鑑定     隠蔽(極)

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

名前は、黎だからレイ→ゼロにした。
あと、属性とスキルは隠蔽した。

「あの、これで良いでしょうか?」
「はい、大丈夫です。」

うん、デカイな…

「あの、ここに血を一滴垂らして貰えませんか?」
「は、はい…」

いやぁー、自分で指切るのやだなぁ〜。

「【風刃ウインドカッター】そして、【治癒ヒール】」

血が少し垂れた。
良し、これで痛くなかったな。
指を切ってから、すぐ治した。そしたら、痛くなぁ〜い

「これで良いですか?」
「はい、大丈夫です。もしかして、治癒魔法が使えるんですか?」
「はい、使えますけど…」
「それならば、その魔法はいざと言う時に使って下さいね…普通は教会に行かなければ出来ないものですから…」
「はぁ…分かりました…」

マジかぁ…
ん?あれぇぇぇぇ?俺、普通に城で使ってたんだけど…
ま、良いか!

「あの、ゼロさん?ギルドカード出来ましたよぉ〜」
「ん、ありがとう。」
「ギルドの説明は要りますか?」
「あ、いや、大丈夫だよ。ありがと」
「そうですか。では、行ってらっしゃいませ。」
「…行って、来ます…」

うわぁぁぁ///なんかハズっ////
ま、これで街とかに入る時は無料!!



「異世界に来たから旅をします。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く