異世界に来たから旅をします。

田中サァン

018 なんと!二人が…


キャティー先生とシウスさんに問いただした結果…

なんと!二人が…付き合うことになりました!!
(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
 
そして…
身の回りのリア充が増えました…

そして、言うまでもないだろうが…           

「ねぇ、シウス〜!」
「なんだよ、キャティー//」
「好きだよ♡」
「俺も愛してるよ♡」
「ん、もぉ///」

いや、もうずゥゥゥゥとこんな感じだから…
ねぇ…分かるでしょ…

てな感じでね。イチャイチャラブラブしてるって訳…

「ほら、キャティー先生!魔法の練習しますよ!」
「えーやだぁ!!シウスともっといるぅ!!」
「そんな、子供みたいな事言わないでください!」
「いやぁー!シウスぅー助けてぇ〜!!」
「こればかりは、仕方ないよ。キャティー…」
「シウスまでぇー」

俺たちは、練習所に向かった。

「はーい、今日は水魔法をやっていきまーす…」
「キャティー先生!ちゃんとやって下さいよ!」
「えー、だってシウスが…」
「ほら、これあげますから」

前に撮ったシウスさんの写真を渡した。
写真はなんかパパッと出来た。

「スッゴーイ!!これホントに貰っていいの??」
「はい、あげますから…ちゃんと授業してくださいね?」
「うん!やるよ!」

そして、今日の魔法の授業が終わった。
ま、俺はほとんどの魔法が使えちゃうから(`•ω•´*)

午後は、シウスさんとの剣の練習!
後、キャティー先生と同じで写真をあげた。
もちろん、キャティー先生の写真だよ?

剣の練習も終わったし、俺は部屋に戻った。

「お帰りなさいませ」
「ただいま!ライン」
「お食事になさいますか?それともお風呂になさいますか?」
「今日は、食事はナシで…お風呂は勝手に入るから良いよぉ」
「かしこまりました。」

ラインは、部屋を出た。

「【リフレッシュ】」

自分自身にリフレッシュをかけた。
生活魔法で、体をキレイにしたりできるものだ。
今日はもう寝ることにした。







「異世界に来たから旅をします。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く