異世界に来たから旅をします。

田中サァン

017 シウスさんとキャティー先生の恋愛

治癒が終わった後にキャティー先生とシウスさんに付き合っているのか聞いた。 

「キャティー先生!」
「何、黎くん?」
「シウスさんと付き合っているんですか?」
「!?///」
「な、何を言っているんですか!!」
「え、付き合ってないんですか?」
「付き合ってないよ!!」
「じゃあ、質問の聞き方を変えて質問しますよ。」
「うん」
「シウスさんの事好きなんですか?」
「//////」

キャティー先生は小さく頷いた。

「そうなんですか、ありがとうございました〜」
「え、私の事放置なの!?」


次は、シウスさんの所へ向かった。

「シウスさん!」
「ん、黎か?」
「はい。」
「どうしたんだ?」
「シウスさんはキャティー先生と付き合っているんですか?」

キャティー先生にした同じ質問をシウスさんにした。

「っ、付き合っているわけないだろ?!」
「そうなんですか?じゃあ、キャティー先生の事好きですか?」
「あ、ああ…」

なんなんだよ!?なんでコイツら付き合ってないの?どっちも鈍感なのか?!
よし!シウスさんにキャティー先生の思ってる事を教えてあげよ

「シウスさん?」
「ん?」
「キャティー先生はシウスさんの事好きらしいですよ?」
「本当か!?」
「はい、さっき聞いて来ましたから」
「聞いてきたのか?!」
「はい。もう告っちゃったらいいんじゃないですか?」
「/////」
「男が照れても可愛くありませんよ?」
「うっせーな!/////」
「はいはい、行った行った!」

僕は、その後の事をシウスさんとキャティー先生に問い詰めた。













「異世界に来たから旅をします。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く