異世界に来たから旅をします。

田中サァン

016 シウスさん&キャティー先生

「あー疲れた…」
「レイ。本当に大丈夫か?」
「ああ、大丈夫だよ」

カリーナが心配してくれた。
その後は、腕が折れた人達が来た。

再生リーフ

僕は、なんか前にあった「この者を〜」って言うのをやらなくても出来るようになった。

そして、戦争が終わった。

「あー疲れた…」
「頑張ったな。レイ」
「お疲れ様です」
「お疲れ様。あ、そう言えばキャティー様がレイの事を読んでいたぞ?」
「そうなんですか?」
「ああ。」
「ありがとうございます。」

僕は、キャティー先生の所へ向かった。

「キャティー先生、どうしました?」
「シウスが・・・」

シウスとは、剣術の先生をして貰ったシウスさんの事だ。

「シウスさんが?」
「足と腕を剣で斬られてもう…」
「え…」
「どうしよう…」
「キャティー先生!シウスさんの事、治して良いですか?」
「黎くん…そんな事出来るわけないよ。」
「いえ、僕なら出来ます!」

僕には出来る確信があった。
前に魔物が出てきた時、予想以上に強くて腕を持っていかれた。その時に【天光治癒エンジェルブレス】を使ったのだ。そしたら、腕が再生した。

「そんなに言うなら…」
「ありがとうございます!」

皆、僕が治せると思っていないようだ。

「【天光治癒エンジェルブレス】!」

シウスさんの腕と足が再生していく。

「「「「「?!」」」」」
「シウスさん大丈夫ですか?」  
「あ、ああ。腕と足が…」
「シウス〜、本当に死ぬかと思ったよぉ〜」
「ほら、キャティー皆が見ているぞ」
「そんなの関係ないもん!本当に心配したんだからね!」
「それは、悪かったな…」

シウスさんとキャティー先生は付き合っていたのか??
抱きついているだと?!なんだよ、リア充どもめ…

「異世界に来たから旅をします。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く