異世界に来たから旅をします。

田中サァン

011 黎のステータス

――――――――――――――――――――――――――――――――――

name:岡野おかの    れい

Lv/6   ←2
HP/1000   ←800
MP/2000   ←1000

属性
火    水   緑   土    光   闇     雷    無

スキル
鑑定・小    解呪・極    魔力操作   経験値倍増(New)     
剣術・中

称号
全ての神の加護    神々は愛されている者(New)    転生者    勇者


――――――――――――――――――――――――――――――――――

おぉー、なんか色々と追加されてるな。
まずは、レベルが6に、HPヒットポイントMPマジックポイントが上がってるな。
あと、スキルの欄に経験値倍増がNewで書いてあった。
称号の欄にも神々に愛されている者がNewで書かれていた。

多分、経験値倍増で早くレベルが上がるのか?

「ねぇねぇ?」

「うわぁ!?何ですか?キャティー先生」

「ずっとずぅぅぅぅと気になってたんだけど……ステータス見せてくれる?!」

「えっ?良いですけど誰にも言いませんか?」

頭を上下に動かしていた。

「分かりました。【ステータスオープン】!」

俺は、ステータスを見せた。

「はぁ…」

「どうしました?」
 
「なんかもう…呆れた。」

「そうですか笑」

「だって、私が出来ないことを普通にやってるんだよ!黎は!」

「そうなんですか?」 

「うん。私、治癒出来ないし…」

「そうなんですか」

「多分、黎は詠唱なしでもいけるんじゃない?」

「やってみるか?」

「やろう。まずは、火球ファイアーボールからね」

「はーい」

キャティー先生が的を用意してくれた。

「【火球ファイアーボール】!」

おぉー、出来た!
次は、水球ウォーターボールやってみよ!

「【水球ウォーターボール】!」

おぉー、又又またまた出来た! 
次は、風球ウィンドボールやろ!

「【風球ウィンドボール】!」

おぉーこれも出来てしまった。

「キャティー先生!火球と水球と風球出来ましたよ!」

「えっ?もう出来たの?!」

「はい!」

「じゃあ、黎。次は、治癒よ!」

「何故、治癒何ですか?」

「黎、パーティーで戦った時後方支援だと思うの。だから、治癒が出来た方が良いと思うんだけどね?」

「そういう、事ですか」

「うん、あと敬語使わないていいよ。」

「あっはい」



―――――――――――――――――――――――――――――――――
今日は、名〇偵コ〇ンを見に行くんですよ!!
本当は昨日行くはずだったのに…((弟のせいで
あら、ごめんない私情を話してしまい。まっどうでも良いと思いますけど…

読んで頂き光栄デス!

「異世界に来たから旅をします。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く