異世界に来たから旅をします。

田中サァン

008 お話し合い…

「えっ?キャティー先生…ほっといて良いんですか?」

「これは、私が悪い訳じゃない。黎くんが悪いんだ。」

「へ?」

「貴方の才能があるのが悪いんだ。」

「は…はぁ」

「私は無属性の魔法を使えるからここで話そう。」

「ん?この部屋って?」

「私の時空魔法で創ったんだ。」

キャティー先生がドヤ顔でこちらを見ている。
黎はどうする。

▷テキトーに返事する
 撫でる

俺は、キャティー先生の頭を撫でた。

「えっ!?ちょっ黎くん!」

キャティー先生は顔を赤くしてこちらを見ていた。

((なんなんだ!?この可愛い生物は?!))

「あっごめんなさい。つい、可愛くて…」

「かっカワイイ/////!?」

「はい?」

「カワイイだなんてぇ///そんなぁ//」

「ん?なんか言いました?」 

「ん?なんでもないよ?!」

なんでもないって言ってるけど本当に大丈夫かな?

「キャティー先生!用って何ですか?」

「あっ、忘れる所だった!」

忘れてるって…呼び出したの貴方でしょうが…

「単刀直入に言うけど、貴方異常よ!」

「以上?」

「以上じゃなくて異常!!」

「そうなんですか…」

何となくステータス確認した所で分かってたけどね

「そう!明日から貴方だけは私と特別メニューをやりますよ!」

「特別メニュー!?」

「そう!今の、魔力操作だったら貴方は全く成長しないわ!だから、特別メニューをやるの!」

「はい、分かりました…」

キャティー先生勢いすごいなぁ…
そして、明日からキャティー先生との特別メニューをすることになった。



「異世界に来たから旅をします。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く