異世界に来たから旅をします。

田中サァン

005普通ってなに?

えっ五人のステータス見て高っ!て思ったけど普通の人ってどれくらいなんだろ?

「すみませんーこの国の平均ってどれ位ですか?」 

「平均はLv/1でHP/100前後、MP/150前後と言った所だ。」

「へぇー」

「勇者達よ、そこに居るのが我の娘リンネだ。」

「よろしくお願い致します。」

リンネちゃん?が軽くお辞儀をした。

「では、リンネにステータスを見てもらいなさい。リンネ、良いかい?」

「分かりました。」

どーしよ。俺、勇者達よりステータス高いじゃん!
あっスキルに隠蔽があった!それで隠そう…

そして、俺の番になった。

「岡野  黎様ですね。」

「はい」

「失礼します。鑑定」

バレないかな…

「終わりました。岡野様ステータス高いですね。」

「えっ…あっはい」

えっもしかしてバレた?!どうしよ!




そして鑑定が終わった。

「リンネ、一番ステータスが高かったのは誰じゃ?」

「はい。一番高かったのは、秋葉様、池田様、大神様、木村様、常陸様です。」

「そうか。皆、聞いてくれ。お主らのリーダーとなる者は今、名を呼ばれた者達だ。」

「「「「「はい。」」」」」

良かったぁ……バレてるかと思ったわ!!

なんかその後、色々リンネちゃんが言ってたけど…
まっ解散になった。部屋は城で余ってる部屋を貸してくれる事になった。

「はぁ疲れたぁ」

「そうだな‪w」

「そういや黎。お前ステータスどうしたんだ?一番高いと思ったんだけど」

「あー隠蔽したよ笑」

「そうだったのか」

本当に長い一日だったな。明日も早いし早く寝よ。 

「奏雨、おやすみ」

「ああ、おやすみ」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

いよいよ今日から平成から令和になりますね

「異世界に来たから旅をします。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く