異世界に来たから旅をします。

田中サァン

001始まり

――――――

―――ねぇ、 おに…お…て――――――


「んんー、何だよ…」

そして、俺は目を覚ました。

「おにぃ、早く起きて!遅刻するよぉ」

「んんー?」

俺は時計を見た。

「うわ!やべっもう8時じゃん!何で起こさなかったんだよ」

「はぁ?起こしましたげどぉ」

そんな事を話、俺は家を出た。

――――――――――――――――――――――――――――――

「何だよ‪w今日はどうして遅れたんだ?れい

「聞いてくれよぉー!昨日さぁ朱雨しゅうと翼とゲームしたんよ」

「おん」

「そしたら、今日の5時頃までやってたんだわ‪w」

「そりゃあ、お前が悪いだろ」

「いやぁぁぁー正論言わないでぇぇぇぇ!!」

奏雨かなめと話していると先生が入ってきた。

「ハーイ!ホームルーム始めるよ!」

彼女は担任の愛衣先生。見た目が幼く見える為皆に愛衣ちゃんと呼ばれている。

「じゃあ、出席を取りマース!」

その時、教室のに魔法陣みたいなのが出てきた。突如、教室は目が開かなくなるほど明るく?なった。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

001凄く短くてすみません!
誤字脱字が多々あると思いますがよろしくお願いします ((○ ̄_
良ければコメントください。


「異世界に来たから旅をします。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 如月 薊

    見た目幼いって禁書目録にいたよーなwww

    でも面白いwww

    これからもお互い頑張りましょうね♪

    あともし宜しければ僕の作品も読んでください!

    2
コメントを書く