その狂気の中に少しの愛を

ふみゅうひぅ

第2話

ダークは城下町にいた
暗殺もバッシングも恐れない、堂々と振る舞う姿は国民をさらに恐怖に陥れる





少年「……あ!ダーク様だ!」

ダーク「…?なんだ、貴様は」

少年「ダーク様、いつもありがとう!」

ダーク「……?なんの事だ」

少年「ここは戦争が起きないもん」

少年「それに今「なんの事だ」って聞いたってことは本当は分かっているって事だもんね!」

ダーク「…………」

少年「きっと恐れられる役をあえてやってるんでしょ?そうすればみんな団結力が深まるって……」

ダーク「…………ふ」

ダーク「ふはははは!面白い」

ダーク「そう感じたならば、貴様はまだ騙されているだけだ」

ダーク「その小さき脳でここまで考えた褒美に教えてやろう」

ダーク「俺はその程度ではない、底なし沼のように……貴様はまだ底にはたどり着いていない」

少年「ふむふむ……」

ダーク「…………意味がわからないのか?」

少年「んー、だからといって悪人とは限らないってことだよね」

少年「だって底がまだ見えないもん、だから底が見えてくるまで観察するね」

ダーク「…………好きにしろ」

ダーク「(やれやれ……厄介なのに絡まれたな)」



第3話へ

「その狂気の中に少しの愛を」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く