私の幻想はホントにあった

COLK

36.逃げられてしまった・・・

「くっ!!思ったより強いな。だが、これで勝ったと思うなよ。
それに、この先、俺よりも強いヤツが現れるだろう」




「じゃあな」


ジャイルは、煙玉を投げた。




〝ボン〟




「うっ!!ゲホッゲホッ!!」




煙が消えた後、見てみると、ジャイルは
、もう、いなかった。




ゼドルが「クソッ!逃がしたか!!」と言う。
「まぁ、良かったんじゃない?皆、無事だったんだし」とミリカが言う。
「まぁ、それもそうだな。でも、アイツは、また襲ってくるかもしれないし、それにアイツ、〝もっと強いヤツが現れる〟って言ってたからな」
ギーゼフが「そうだな。この先は大変だな。でも、負けるワケにはいかねぇだろ!!」と言う。
「そうだな!!」




そして、しばらくして、汽車が停まった。




ザレンが「とりあえず、ここまで来たけど、これからどうする?」と言った。

「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く