私の幻想はホントにあった

COLK

35.やっぱりな

ゼドルが消えた。




「ア・・・アレ?アイツは、どこに行った?」




〝ザンッ〟




「いてっ!!!」
「何だ一体!?」




ジャイルはもちろん、ミリカも、ゼドルの仲間達も、皆、驚いている。




「何が起こったんだ!?」




「このヤロー!!」




〝ボコッ〟




「うわっ!!!」




すると、次の瞬間、ゼドルが現れた。




〝シュン〟




「やっぱりな。コレがお前の弱点だったんだ」
「何!?」
「さっき、お前が蚊に刺された時、おかしいと思ったよ。
俺達の魔法を簡単にかわして、一斉にかかっても、全部見切ってしまうお前が、
たかが蚊なんかに刺されて、全く気がつかなかったんだから。
つまり、お前が対応出来るのは、姿が見えている相手だけだ。多分、お前は、
あまりにも目が良過ぎて、人やモノの動きがゆっくりに見えるんだろう。並外れた視覚、
それがお前の特殊能力みたいなモンだ。そうでもなきゃ、俺達の魔法や攻撃を
あの特殊ガムなしで全部見切るなんて出来ないだろう。だから、透明化したんだよ。ちなみに、
透明化すれば、身体だけじゃなく、衣服や武器も、全部透明になる。そんで、
透明になった状態で攻撃したんだ。
いくら動きがゆっくりに見えようが、見えなきゃ意味がないからな」
「くっ!クソ~!!見抜かれてたのか!!」
「ウチにも、特殊能力並みに身体能力が高いヤツがいるんでね!!どうだ?まだやるか?」




ミリカは、(凄い!ゼドルは、本当に凄い!!強いだけじゃなくて、洞察力も鋭くて、頭も良いんだ!!
17歳なのにリーダーをやってる理由が良く解る!!)と思った。




ファンジェスは、
(凄い!!〝透明化〟は、超高等な魔法!!まさか、そんな魔法が使えるなんて!!!さすがウチのリーダー!!!)と思った。

「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く