私の幻想はホントにあった

COLK

31.まだ敵がいたのか!!!

ゼドルがたくさんの敵を斬ったり、ギーゼフが敵を殴ったり蹴ったり、その他のメンバー達も、剣や魔法で敵を倒しながら突き進んでいく。




そして、ゼドル達は、汽車に乗った。




「フ~ッ!!なかなかしぶといヤツらだな~!!」
「そうだな。どれだけ痛めつけても追いかけてくる」
「で、どうする?」
「う~ん。とりあえず、安全なところまで行こう」




と、話していると、座席の裏から、また、ミリカを襲う男が現れた。




「安全なところへ行く?そんな事はさせねぇよ。その前に、お前達は皆、ここで俺が殺してやるよ」

「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く