私の幻想はホントにあった

COLK

30.俺達をなめんなよ

ミリカは、「つ・・・つよ~い・・・・・・」と言った。
「フッ。もう勝ったつもりか?忘れたのか?今、この建物の周りにも、俺達の仲間がいる。逃げたりは出来ないし、かといって、こんなにたくさんの人数をたった8人で倒せるか?」
ゼドルは「何言ってんだ。俺達をなめんなよ」と言う。
「くっ!!コイツら!!!」




敵のヤツらは、逃げようとした。




「逃げるぞ~!!」
ゼドルは、「逃がすな~!!」と言った。




ゼドルが風の魔法〝tornadoトルネード〟を使い、
ドロンが炎の魔法〝burningバーニング〟を使い、
フェルが氷の魔法〝icicleアイシクル〟を使い、敵を蹴散らした。




ゼドルが「よし!皆、外に出るぞ!!」と言う。




〝ダッダッダッダッダッダッダッダッ〟



「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く