私の幻想はホントにあった

COLK

26.良し!!やっぱ、やってやるか!!!

「おい。〝1000円〟って・・・・・・〝フェリス〟じゃないって事は、この国の金じゃねぇだろ。まぁ、それは、当然か。一体、この国だと、いくらぐらいの価値なんだ?でも、少なくとも、言うほど大金じゃねぇだろ」




すると、ゼドルは、
「いや、そうでもないよ。俺も、良く知らないけど、おそらく、
お前の言う通り、このお札自体は、ミリカの世界でも、大金じゃなかったんだと思う。でも、こんな金、見た事ないだろ?それに、
この世界の金と違って、何か、真ん中に、角度を変えると見える
不思議な絵が描いてあるから、良く出来たお札だよ。って事は、
売れば、物珍しがられもするし、相当な大金になるだろ。それに、
成功すれば、このボディーガード屋は、もっと評判が良くなるだろ?!」と言う。
「確かに!!じゃあ、やってやるか!!!」
「お~~~!!!」
「ありがとう!!!皆!!!」
ミリカも、「ありがとうございます!!!」と言う。



「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く