私の幻想はホントにあった

COLK

20.え!?また!?ガム噛んでる場合!?

数週間後、ミリカは、いつものように「MaGistic Security Guard」のメンバー達といた。だが、そこへ、銃を持った男達が何十人もやって来た。




〝バン〟




「何だ?」
「おい!ここに、動物の言葉が解る娘がいるだろ?」
「何でそれを!?それに、何でここが分かった?」
「その娘の事は有名だよ。何でここが分かったかなんて簡単だ。
その娘は、大体、ここのリーダーであるお前と一緒にいるんだからな」
「くっ!!この娘に何の用がある!?」
「ソイツのその能力を使えば、良い金儲けになると思ってな~!!だから、さぁ、大人しくソイツを渡せ。そうすりゃ、何もしねぇでやる」
「この娘は、道具じゃない!!」




〝バン〟




「クソッ!!仕方ない!!皆、戦うぞ!!」
「了解!!」




ギーゼフ以外のメンバー達は、ガムを噛んだ。




「えっ!!こんな状況でガム!?」
「あ~、そうしないと、戦えないんだよ」
「えっ!?どういう事!?」
「詳しい話は後だ!!」




皆、ガムを膨らまし、そして、弾け、消えた。




「あっ!!コレ、あの時も同じだった!!」




その時、ミリカは、ゼドルと出会った時の事を思い出していた。




「おい!!大人しくしてるヒマなんかねぇぞ!!俺達は、のんびり待ってやるほど気が長くねぇんだ!!」




〝バンバン〟




「ンなこたぁ、言われなくても分かってるよ!!」
ゼドルは、銃弾を止め、ひっくり返らせて飛ばした。




〝バババババン〟




〝グシュアッ〟




銃弾は、男達の手や腹などに当たり、男達はケガをした。




「うわ~~~っ!!!」




ミリカは、
(コレは、あの時と同じ魔法だ!!)と思った。




「仕方ない。今は、手加減してる余裕なんてない。お前ら、あとは
何とかしといてくれ!!俺は、ミリカを連れて逃げる!!」
「了解!!」

「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く