私の幻想はホントにあった

COLK

19.不穏な空気が・・・・・・

それからも、ゼドルと共に色んなところへ行く度に、ミリカは、
色んな動物の言葉を聞き取った。たくさん人が通るところでも
動物達がなんと言っているかをゼドルに教えていたため、
周りの色んな人達が影からそれを見る事で、
「ミリカが動物の言葉が解る」という事が噂になり、時には、
「この動物、なんて言ってるんですか?」などという質問をされる事もあった。




だが、ミリカの能力の事が色んなところで話題になると、影で悪巧みをする人間達が「アイツは色んな事に使えて金儲けができるんじゃないか?」などと言っていた。




その日の夜、ミリカは、
(そういえば、今頃、現実の皆はどうしてるんだろう?)7と考えながら寝た。

「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く