私の幻想はホントにあった

COLK

17.ミリカは凄い娘!?

〝チュンチュン〟




「何か、スズメ達が話してる」
「え!?ホントか!?」




耳を澄ませて聞いてみた。




「ねぇ、ここにまた人間が来たよ。何でここは、こんなに人が来るのかな?」
「さぁ?どうでも良いよ。知ったところで何にもならないし」




「ホントだ!ホントに喋ってる!! 」
「本当か!?なんて言ってるんだ!?」
「何か、〝また人間が来たよ。ここは、何でこんなに人間が来るのかな?〟〝さぁ?どうでも良いよ〟だって」




この時、ミリカは、動物の言葉が解る事に、自分でも驚いていた。




「そっか~!!」
「でも、ゼドル、ここって人が良く来るの?」
「うん。キレイだし、可愛い動物がいっぱいいて、キレイな花や
植物もいっぱいあるからね。写真家とか、動物好きとか、植物好きとか、色んな人が来るんだ」
「そっか~!!確かに、キレイだし、可愛い動物、いっぱいいるし、空気もとっても美味しいしね!!」
「うん!!でも、それより、動物の言葉が解る人なんて、本当にいたんだ!!」
「え?この世界には、当たり前のように魔法があるのに、他に、
〝動物の言葉が解る〟って能力を持った人、他にはいないの?」
「うん。何か、本には書いてあったんだけど、本当かどうかまでは
解らなかったんだ。まぁ、言い伝えだね」
「へ~!!じゃあ、私って、特別なんだ!!」
「うん!!でも、君、動物の言葉を聞いたのは、初めて?」
「うん!!でも、何か、何となく、昔から、動物の様子を見ると、
その時その時の細かい仕草や様子で、〝どんな気持ちなのか〟とか〝何を考えているのか〟とかは、何となく解るような気はしてたんだけど、それって、普通とはちょっと違うのかな?」
「う~ん・・・良く解らないけど、とにかく、君は凄い人だ!!」
「そうかな!?ありがとう!!」
「うん!!」



「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く