私の幻想はホントにあった

COLK

15.〝MaGistic〟に込められた意味

「ここにいる人達、皆、素敵だね!!」
「だろ!?俺の自慢の仲間達なんだ!!」
「そっか!!あ・・・そういえば・・・」
「ん?」




「ここでは、皆、何をしてるの?」
「あ~、ここは、ボディーガード屋だよ」
「ボディーガード屋?」
「そう、依頼人からお金をもらって守る仕事だよ」
「へ~!!そうなんだ~!!カッコ良い~!!!あ~、あと、何で
〝MaGistic Security Guard〟って名前なの?」




「あ~、〝MaGistic〟ってのは、〝魔法〟を意味する〝Magic〟と
〝威厳〟あるいは〝堂々とした〟って意味のある〝Majestic〟を
掛け合わせた造語だよ。俺達は、魔法で戦って守るし、威厳がないといけないから。〝G〟が大文字なのは、インパクトが欲しかったからってだけなんだけど」
「へ~!!ますますカッコ良い!!!」
「そうかな?そう言われるとテレるよ」
「うん!!凄くカッコ良いよ!!!」



「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く