私の幻想はホントにあった

COLK

14.現実世界と異世界

そして、宴が始まった。ミリカとゼドルが話をした。




「へ~。君は、ここの住人じゃないのか」
「はい。この前から学校の夏休みで、それで、新幹線に乗って家族でおばあちゃんの家に行こうとしてたんです。で、乗ってる最中、1番前の車両に行こうとしたら、なぜか、全然違うあの列車に移っちゃったんです」
「そうか。その〝新幹線〟ってのは、良く分かんないけど、突然、
家族とはぐれて、急にあんな怖い光景を見て、大変だったね」
「はい。〝新幹線〟っていうのは、〝電車〟の種類の1つです」
「へ~。〝電車〟か~」
「はい」




「なるほど。君の話は、興味深いね。俺も、君のいた世界がどんな世界なのか見てみたいよ!!」
「そうですか」
「うん!!」
「ところで、この国は、なんていう名前なんですか?」
「あ~、ここか?ここは、〝ジャフロリア〟だよ」
「そうなんですか!!何かカッコ良い名前~!!」
「そうか?(笑)あ・・・そうそう・・・」
「ん?」




「俺と喋る時は、敬語じゃなくて良いから」
「え?本当に!?でも、何か、それって悪いような・・・4つも年上だし、ここのリーダーみたいだし・・・」
「良いんだよ!!気にすんなって!!俺、君の事が何か気に入ったから、距離、縮めたいんだよ!!」
「そうですか!!じゃあ、お言葉に甘えて!!」
「うん!!ってか、まだ堅いよ!!それと、これからは、呼び捨てで良いから!!」
「うん!分かった!ゼドル!!」
「おう!改めてよろしくな!ミリカ!!」

「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く