私の幻想はホントにあった

COLK

12.こんな事ってあるの!?夢みたい!!!

テロリスト達を止めた少年は、ミリカに声をかけた。




「君、ケガはなかった?」
「なかったです」
「良かった。でも、怖かっただろ?」
「はい・・・まぁ・・・」
「まぁ、そうだよな。あんな光景見ちゃったら、怖いに決まってる」




「あの、あなた、一体何者なの?」
「俺?ただのガードマンだよ」
「ガードマン?いや、でも、今、手を触れずに銃弾を止めたり、
半回転させて飛ばしたりしたでしょ!?」
「あ~、アレは、魔法だよ。〝handling (ハンドリング)〟っていうね」
「え!?魔法使いなの!?」
「そうだけど・・・それがどうしたの?」




「アレ、魔法だったんだ!!」
「何をそんなに驚いてるの! (笑)魔法なんて、そんな珍しいものじゃないでしょ」
ミリカは、そこで、その少年が魔法使いである事を知ると同時に、
ここは現実世界ではない事を認識した。




「私の幻想は、ホントにあったんだ!!」と小声で呟いた。
「ん?」
「いや~!何でもないです!!何でもないです!!アハハ・・・」




つい、口から出てしまった言葉を、テレながら慌ててごまかした。




「あ、そうだ、君、名前、なんて言うの?」
「私?ミリカ」
「そうか。俺は、ゼドル。よろしくな!!」
ゼドルは、ミリカの手をギュッと握り、強く握手した。
「え!?やだ!!私、こんなカッコ良くて強い人に握手されちゃってる!!!」
ミリカは、思いっきり顔を赤くした。
「ん?どうしたの?顔、凄く赤いよ。熱でもあるの?」
「いえ!!熱なんかありません!!大丈夫です!!元気です!!ア・・・アハハハハハ・・・」




「あ、そうだ、ちょっと、ついてきてもらって良い?」

「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く