私の幻想はホントにあった

COLK

10.いきなりこんなのアリ!!??

そこは、新幹線とは全く違う、西洋風の、ファンタジー作品にでも
出てきそうな列車だった。




目の前には、銃を持った男達と、その男達にロープで縛りつけられている人質を見た。




「え・・・?え~・・・!!??」




「助けて~~~!!!」




銃を持った男達は、その列車の運転手や乗客達に
「フッフッ、コイツらを返して欲しけりゃ、大人しく3000万フェリス持って来い」と言っている。




(フェ・・・フェリス?もしかして、身代金かな?とにかく、
何か、この人達、凄く怖い!!)




突然、目にする、この、今まで目にした事がないほど衝撃的で
残酷な様子を見て、ミリカは、とても怖がった。




「怖い・・・助けて・・・!!!」
「おい!!さっさと金、持ってこい!!!」




(どうすんの!?どうすんの!?コレ!!!」




すると・・・・・・




〝ガシャ~ン!!!〟

「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く