私の幻想はホントにあった

COLK

8.憂鬱で最悪な1日

そうして、時間が流れ、ホームルーム。




「え~、明日から夏休みです。楽しく遊ぶのも良いですが、
しっかり勉強して、宿題もしっかりやってきてください。
あと、クーラーのかかった部屋にこもりきりではいけません。
ちゃんと外に出て、運動もしっかりしましょう。そして、
熱中症にならないよう、水分補給、それから、塩分補給も
忘れないように。難しい事ですが」




夏休み前の最後の登校日が終わった。




〝キーンコーンカーンコーン〟




今日は、聖子が休んでいるため、ミリカは1人で帰った。




「あ~、今日は、せっかく夏休み前の最後の登校日なのに、
聖子がいないなんて~・・・寂しいし、つまらない」




いつもは聖子と一緒に帰るのが当たり前だったため、
1人で帰る今日がとても味気なかった。




やがて、また家に着いた。




「ただいま~」
「お帰り~」と、いつものように母が言った。
アレ?どうしたの?明日から夏休みなのに、
元気なさそうじゃない?」
「うん。色々あってね」
「そう。まぁ、でも、夏休みは、きっと良い事あるわよ!!」
「そうだね」
そうしてまた、ミリカは、自分の部屋に入った。
一方、母は、
(あの娘、何かあったのかしら?)と思っていた。




ミリカは、自分の部屋に入った後、順子に落書きされた愛読書
「魔法の国と夢見る少女」をカバンから取り出した。




「あ~あ~、大事な本なのに、ホント最悪。それに、何よ。
〝魔法が子供騙し〟なんて・・・は~。夏休み、
おばあちゃん家に行くのは楽しみだけど、他には特別やる事ないし、
良い事なんてあるのかな~・・・?」

「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く