私の幻想はホントにあった

COLK

7.夏休み前の、悲惨な最終登校日

ここで、1日飛ばして、7月20日(水)。




この日、夏休み前の最後の登校日だった。だが、聖子は、
体調不良で欠席だった。




ミリカは、休憩時間、また、
「不思議な国と夢見る少女」を読んでいた。




読んでいると、また、順子が馬鹿にしてきた。




「あんた、またそんな本、読んでるの!?バッカみたい!!」




すると、順子は、ミリカから本を取り上げた。




〝バッ〟




「ちょっと!!何するの!?」
「こんなの、こうしてやるんだから~!!」




順子は、本の表紙にマジックで落書きをした。




〝キュキュキュキュ〟




「アッハッハッハ~!!
これで少しは、子供騙しなモノから離れなさい!!」
「子供騙し!?」
「そうよ!!あんた、こんな、いつまでもガキの空想に
浸ってないで、現実を見なさい!!」




すると、順子は、本を床に叩きつけた。




〝バン!!!〟




「あぁ~っ!!!」
「アッハッハッハッ!!」
「ヒド~い!!!」




そのまま、順子は、教室を出て行った。




「良い年して、いつまでもくだらない夢ばっかり見てるのが
悪いのよ!!」

「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く