私の幻想はホントにあった

COLK

6.〝粉もん〟って素敵!!!

やがて、また下校の時刻になった。




〝キーンコーンカーンコーン〟




いつも通り、聖子がミリカに声をかける。




「ミリカ、今日も、一緒に帰ろ!!」
「うん!!」




「ねぇ、ミリカ、あんた、この前、
〝夏休みに大阪のおばあちゃん家に行く〟って言ってたわよね?」
「うん。そうだけど?」
「良いわよね~!!私、大阪には、一度も行った事ないのよね!!」




「そうなの?」
「うん。大阪って〝たこ焼き〟が美味しいところよね!!」
「そうだよ!!でも、他にも色々、名物あるよ!!
〝焼きそば〟とか〝お好み焼き〟とか〝粉もん〟だけでも色々!!」
「〝粉もん〟?何それ?」
「名前の通り、〝たこ焼き〟や〝お好み焼き〟含めて、
〝粉〟を使って作る料理の事よ!!」
「へ~!そうなんだ~!!でも、食べる事自体は、
東京でもいつでも出来るけど、いつか本場のも食べてみたいな~!」
「そっか!でも、本場の、凄く美味しいよ!!」
「へ~!そう言われると、ますます食べたくなる!!」
「ぜひ、今度、食べてみて!!」
「うん!!」
「じゃあ、ミリカ、楽しんで来てね!!」
「うん!!じゃあ、バイバイ!!」
「バイバイ!!」




そして、いつも通り、ミリカは、途中で聖子と別れ、
帰っていった。

「私の幻想はホントにあった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く